Android「音声文字変換」に3つの新機能が追加

    この記事のポイント!
  • Android アプリ「音声文字変換」に 3 つの新機能が追加
  • 名前を呼ばれるとバイブレーションで振動
  • カスタム単語の追加機能、過去会話の検索機能

Google は 2020 年 5 月 22 日、Android における特に聴覚障がいがある方向け機能「音声文字変換」アプリに提供する、3 つの新機能を発表しました。

「音声文字変換」アプリに提供される 3 つの新機能は、同日より配信されるアプリバージョン v2.1.288619836 にて提供されます。

「音声文字変換」アプリは Pixel にはプリインストールされています。また Android 5.0 以降のデバイスに Google Play ストアからインストールすることで、利用できるようになります。

名前を呼ばれるとバイブレーションで振動

「音声文字変換」アプリに事前に自分の名前を登録しておくことで、「音声文字変換」アプリを利用している間に近くの人が名前を呼ぶと、Android スマートフォンが振動して知らせてくれます。

これは、対面ではなく病院の待合場所など待機している場合に役立つ新機能です。

カスタム単語の追加機能

カスタム単語の追加機能は、辞書に載っていない場所や物など、任意の名前や用語を追加できる新機能です。

カスタム単語を追加しておくことで、文字変換の質も向上します。

過去会話の検索機能

過去会話の検索機能は、「音声文字変換」アプリの[音声文字変換の保存]設定を ON にしている場合に、過去の会話を検索バーから簡単に検索することができるようになります。

ただし[音声文字変換の保存]は過去 3 日間までしか保存されないため、それ以前の会話を検索することはできません。

アプリリンク

Android
Live Transcribe
Price: Free

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.