Android「Google マップ」がPlus Codesをサポート

  • Android 版「Google マップ」アプリが「Plus Codes」をサポート
  • 現在地を緯度経度と土地名を元にコード化
  • 住所が曖昧な場所などで重宝

Google は 2020 年 5 月 28 日、地図サービス「Google マップ」の Android 版アプリにおける「Plus Codes(プラスコード)」サポートを発表しました。

「Plus Codes」は、緯度経度の座標から作成されたコードと土地名を組み合わせたデジタルアドレスです。特に住所が曖昧な土地などにおける現在地や位置情報の共有に役立ちます。

Android 版「Google マップ」アプリにおける「Plus Codes」は、現在地を共有する際に利用可能です。「Google マップ」上の現在地アイコン(青丸)をタッチして「Plus Codes」部分をタッチするとクリップボードにコピーされるので、それをメールや SNS などを利用して相手に共有します。

「Plus Codes」、住所が曖昧な土地や目印がない場所の位置情報を共有する際に役立ちそうですね。是非活用してみてください。

ちなみに、Android 版「Google Maps Go」アプリは、以前より「Plus Codes」をサポートしています。

Google は 2018 年 5 月 30 日、先日一般提供を開始した Android 用の軽量版地図アプリ「Google Maps Go...
「Google Maps Go」がPlus Codesをサポート - Jetstream BLOG

アプリリンク

Android

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください