「Fitbit Charge 4」ストームブルー国内発売

  • Fitbit 新型フィットネストラッカー「Fitbit Charge 4」
  • “ストームブルー” 国内発売
  • Amazon で 22,064 円

米国のウェアラブルブランドメーカー Fitbit が 2020 年 4 月 1 日に発表し、そして 4 月中旬に国内でも発売された新型フィットネストラッカー「Fitbit Charge 4」の、まだ発売されていなかった “ストームブルー” カラーが、本日(6 月 2 日に)国内の Amazon.co.jp で発売されました。

「Fitbit Charge 4」は先に “ブラック” と “ローズウッド” が発売されています。“ストームブルー” はコア部分が “ブラック” で、バンド部分が “ブルー” カラーの新色です。「Fitbit Charge 4」“ストームブルー” の Amazon 価格は 22,064 円。

“ブラック” と “ローズウッド” は 20,000 円弱で販売されているので、おそらく “ストームブルー” もそのうち同額まで値下げされると予想されます。あくまでも予想です。

「Fitbit Charge 4」

Fitbit の新型フィットネストラッカーとなる「Fitbit Charge 4」は、Fitbit が 2019 年 11 月に Google の傘下となってから初となる新製品です。

Google、ウェアラブルブランド大手 Fitbit の買収を正式発表 Wear OS プラットフォームとヘルスケア...
Google、Fitbitの買収を正式発表 - Jetstream BLOG

その特徴は、本体に GPS と心拍センサーを搭載し、移動距離や移動ペース、そして位置情報も含めた単体でのアクティビティログ取得とディスプレイ表示と、ユーザーごとにパーソナライズされた心拍ゾーンの測定機能を搭載。睡眠中の心拍測定などをもとに、睡眠スコアの取得と表示も行ってくれます。

また水深 50m まで耐えられる耐水設計で、バッテリーは最大 7 日間持続。運動から睡眠まで、24 時間丸ごとログの取得を行ってくれます。

このほか、一定時間静止状態が続いた場合の運動リマインダー、ランニング開始時などに自動でエクササイズアクティビティを判別してくれる「SmartTrack」、本体ディスプレイに表示されるガイドに従って呼吸と精神を整えるガイド付き呼吸セッション機能も実装。

スマートフォンと連携した通知と着信表示や、簡単なテキストを用いたクイック返信機能も Android で利用可能です。

ちなみに「Fitbit Charge 4」はクレジットカード情報を取り込んだタッチ決済「Fitbit Pay」にも対応していますが、「Fitbit Pay」自体日本ではまだ解禁されていないので国内利用はできません。

「Fitbit Charge 4」のカラーバリエーションは “ブラック” “ローズウッド” “ストームブルー”、そしてスペシャルエディションの “グラニットウーブンリフレクティブベルト” の、計 4 色展開です。

ブラック
ローズウッド
ストームブルー
グラニットウーブンリフレクティブベルト

Amazon 商品ページリンク

「Fitbit Charge 4」“ブラック”
Fitbit Charge4 フィットネストラッカー Black/Black L/Sサイズ [日本正規品] FB417BKBK-FRCJK
「Fitbit Charge 4」“ローズウッド”
Fitbit Charge4 フィットネストラッカー Rosewood L/Sサイズ [日本正規品] FB417BYBY-FRCJK
「Fitbit Charge 4」“ストームブルー”
Fitbit Charge4 GPS搭載フィットネストラッカー Storm Blue/Black L/Sサイズ [日本正規品]

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください