Qualcomm、Wear OS用新プロセッサ「Snapdragon Wear 4100/4100+」発表

  • Qualcomm、Wear OS用新プロセッサ「Snapdragon Wear 4100 / 4100+」発表
  • パフォーマンス、接続性、低消費電力が大幅向上
  • 新しい「TicWatch Pro」で初採用

Qualcomm は 2020 年 6 月 30 日、Google のウェアラブル OS「Wear OS」用の新世代プロセッサ「Snapdragon Wear 4100」「Snapdragon Wear 4100+」を正式発表しました。

“Snapdragon Wear” シリーズの新プロセッサは、2018 年 9 月の「Snapdragon Wear 3100」以来の 2 年弱ぶりの発表です。

Qualcomm は 2018 年 9 月 11 日、Google のウェアラブル OS「Wear OS」用の新世代プロセッサ「Snapdrag...
Qualcomm、Wear OS用新プロセッサ「Snapdragon Wear 3100」を正式発表 - Jetstream BLOG

「Snapdragon Wear 4100 / 4100+」

Qualcomm の新世代プロセッサ「Snapdragon Wear 4100」「Snapdragon Wear 4100+」は、主に Wear OS ウォッチ用プロセッサですが、今回初めて「Android Open Source Project(AOSP)」機種もサポートしました。

「Snapdragon Wear 4100」「Snapdragon Wear 4100+」は、CPU、GPU、メモリ、セルラーモデム、カメラサブシステムが内包された、12nm アーキテクチャ SoC です。主な進化点は、パフォーマンス、接続性、低消費電力が大幅向上。

「Snapdragon Wear 4100+」は特に「Snapdragon Wear 3100」プロセッサと比較して、なんと 85% もパフォーマンスが向上しています。アプリの高速起動はもちろん複数アプリの同時利用においても、高いユーザーエクスペリエンスを発揮します。

内包されるセルラーモデムは、もちろん 4G LTE もサポート。接続性の改善と、待ち受け時の低消費電力を実現します。

驚くべきは、「Snapdragon Wear 3100」では最大 16 色だったディスプレイ色数が、なんと 6,400 色に拡大している点です。これは最新の「AON コアプロセッサー」を搭載しているために実現していますが、「Snapdragon Wear 4100+」に搭載されるものの、下位モデルの「Snapdragon Wear 4100」には「AON コアプロセッサー」が搭載されません。

このほか Bluetooth 5.0 もサポートし、25% 以上の電力削減も実現。またパフォーマンスの向上だけでなく、バッテリー寿命への影響も最小限に抑えるよう設計されています。

「Snapdragon Wear 4100」を搭載する最初の機種は、なんと Mobvoi 製「New TicWatch Pro(仮)」です。このほかに imoo 製の子供向け Wear OS ウォッチ「Z6 Ultra」もラインアップされています。

「Snapdragon Wear 4100+」搭載機種は、今のところ未発表です。「AOSP」サポートということで、Wear OS ウォッチ以外にどんなデバイスに搭載されるのか、今から楽しみですね。

Source:Qualcomm

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください