日本通信、発信アプリ不要かけ放題「合理的かけほプラン」提供開始

  • 日本通信、発信アプリ不要かけ放題「合理的かけほプラン」提供開始
  • 発信専用アプリやプレフィックス番号なしで国内通話かけ放題
  • データ通信は最大 30GBまでのおかわり課金方式

日本通信は 2020 年 7 月 15 日、NTT ドコモの 4G(LTE)と 3G(FOMA)回線を利用する新しい音声通話 SIM「合理的かけほプラン」を提供開始しました。

「合理的かけほプラン」の特徴は、これまで MVNO では基本的に必要だった通話発信専用アプリやプレフィックス番号なしで、通常の電話アプリ利用でも自動的に国内通話がかけ放題となる点と、データ容量がデフォルトで 3GB、それ以降は最大 30GB まで 1GB ごとにおかわり課金で利用することができる点です。

気になる基本料金は、データ容量 3GB と国内通話かけ放題がついて、なんと 2,480 円(税抜き)。データ容量のおかわり追加は 1GB ごとに 250 円(税抜き)で、ユーザーがいつでも変更可能な初期値を設定することができます。

そのため初期値以上に使ってしまって過大請求されるという心配もありません。ちなみに初期値を超えた場合でも、低速(おそらく 128kbps)でのデータ通信は可能です。

このほか事務手数料は別途 3,000 円(税抜き)で、最低利用期間や解約手数料はありません。ただし MNP 転出手数料は 3,000 円(税抜き)です。

「合理的かけほプラン」、これまで MVNO かけ放題プランのネックとなっていた発信専用アプリやプレフィックス番号が不要と、かなり利便性が向上している点が最大のポイントですね。これは、日本通信が総務省と NTT ドコモに働きかけたお陰で、2020 年 6 月下旬より実現した改善。

日本通信ならではの「合理的かけほプラン」。今後ほかの MVNO 各社も同様のプランを発表してくると予想されます。

Source:日本通信

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

Jetstream BLOG をフォロー

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください