Fossil第5世代Wear OSに追加された[健康]の設定と使い方

  • Fossil 第 5 世代 Wear OS にシステムアップデートで新たなアプリ[健康]が追加
  • 睡眠トラッキングや有酸素運動のレベルチェック、ワークアウトトラッキングなど
  • その設定と使い方を解説

2020 年 8 月 19 日より、Fossil 第 5 世代 Wear OS ウォッチシリーズに対して、新機能を含むシステムアップデートが配信開始されました。

Fossil 第 5 世代 Wear OS に新機能提供 アップデート報告続々 システムアップデートで提供される模...
続々配信!Fossil第5世代Wear OSのシステムアップデート - Jetstream BLOG

このシステムアップデートを適用すると、Fossil 第 5 世代 Wear OS ウォッチに新たなアプリ[健康]が追加されます。この新たな[健康]アプリでは、[屋外運動]もしくは[屋内運動]のワークアウトログをトラッキングしてくれる[活動]、自動で睡眠状態をトラッキングしてくれる[睡眠]、有酸素運動レベルをチェックできる[カーディオフィットネス]を利用することができます。

[活動][睡眠][カーディオフィットネス]のうち、[睡眠]と[カーディオフィットネス]は、Wear OS ウォッチを装着している状態で自動的に各ログがトラッキングされ、そして整理されたログ情報を Wear OS ウォッチでチェックすることができるようになります。

[活動]については、[屋外運動]もしくは[屋内運動]を事前に選択してワークアウトのトラッキングをスタートし、そしてワークアウトが終了したらトラッキングも終了します。するとそのワークアウトログが Wear OS に保存され、チェックできるようになります。

[活動]
[屋外運動]もしくは[屋内運動]のワークアウトログをトラッキングしてくれる機能
[睡眠]
自動で睡眠状態をトラッキングしてくれる機能
[カーディオフィットネス]
自動でトラッキングされたログから生成される有酸素運動レベルをチェックできる機能

そしてこの[健康]アプリ、Google の健康管理サービス「Google Fit」と接続することも可能。[健康]アプリでした各ログが整理され、「Google Fit」アプリで一括管理できるようになるわけです。

このほか[活動]と[睡眠]については、それぞれタイルも用意されています。

[健康]アプリの初期設定

まずは[健康]アプリの初期設定を行います。

[健康]アプリの初期設定は簡単。ドロワーから[健康]アプリをタッチするか、システムアップデート後に通知で表示される[健康]アプリの新着情報カードをタッチして、利用規約への同意、[睡眠トラッキング]と[カーディオフィットネス]のチェック、そして「Google Fit」への接続を行います。

[健康]アプリの初期設定たったこれだけで、以降[睡眠]と「カーディオフィネス」については自動でログのトラッキングが開始され、そしてトラッキングされ整理されたログ情報を、[健康]アプリから確認できるようになります。

ただデフォルトの設定だと距離の単位が[フィート / マイル]になっている場合もあるので、[健康]アプリの設定から[メートル / キロメートル]を選択しておきましょう。

[活動]の使い方

[屋外運動]もしくは[屋内運動]のワークアウトログをトラッキングしてくれる[活動]は、ワークアウトスタート時に[屋外運動]もしくは[屋内運動]を事前選択して利用します。

[屋外運動]を選択すると、位置情報を取得するために GPS の取得が開始され、そして[トラッキングを開始]をタッチすると、ワークアウトログのトラッキングが開始されます。ランニング時に活用できる機能ですね。

[屋内運動]の場合は、タッチすることで、すぐにワークアウトログのトラッキングが開始されます。

[屋外運動][屋内運動]共に、ワークアウトを一時中断するときに一時停止を行うことが可能です。一時停止するには、画面を下にスワイプして[ワークアウトを一時停止しますか?]を表示し、[]アイコンをタッチします。

一時停止後は、[再開]もしくは[終了(ワークアウトを終了しますか?)]が可能。[終了]を選択すると、そのワークアウトログを保存するかどうかを選択します。

[活動]の基本的な使い方は以上です。

タイル

[活動]と[睡眠]については、それぞれ専用のタイルも用意されています。

[活動]は[ワークアウト]という名前のタイルとして設置可能ですが、「Google Fit」にも同名の[ワークアウト]タイルが存在するので、間違えないようにしましょう。

まとめ

今回新たに Fossil 第 5 世代 Wear OS ウォッチに追加された[健康]アプリ。

はっきりいって[活動]を多用することはないかとおもいますが、[睡眠]と[カーディオフィットネス]は自動でログをトラッキングしてくれるため、トラッキング設定しておいたほうが良いかと思います。

[睡眠]については、Wear OS ウォッチを装着したまま寝る方に限りますが。

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

「Fossil第5世代Wear OSに追加された[健康]の設定と使い方」への6件のフィードバック

  1. GARRETT HR(FTW4040)を使ってます。
    システムアップデートを昨日しましたが、記事にあるような「健康」アプリがありません。
    何故なんでしょうか?

      1. 2020年5月1日です。
        システムバージョンは、H MR1です。

  2. 試しに、接続を解除してリセットして、再度、Wear OSでスマートウォッチの追加をしてみましたが、やはり、健康アプリはありません。

  3. 昨日、またシステムアップデートがあり、今度は「健康」が追加されていました。
    お騒がせしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください