「OPPO Reno3 A」はARCoreをサポート

  • 「OPPO Reno3 A」は「ARCore」をサポート
  • 「ARCore」=「Google Play 開発者サービス(AR)」
  • 「ライブビュー」や各[AR コンテンツ]利用可能

2020 年 6 月 25 日に国内発売された、OPPO の「おサイフケータイ」対応スマートフォン「OPPO Reno3 A」ですが、Google の AR プロジェクト「ARcore」改め「Google Play 開発者サービス(AR)」をサポートすることが、Google 公式の「ARcore」サイトから判明しました。

もちろん発売されている機種なので、購入したユーザーはすでに気がついていることかと思われます。とはいえ、結構最近まで「ARcore」サイトが更新されていなかったので、実はこの点がうやむやだったわけです。

「OPPO Reno3 A」が「Google Play 開発者サービス(AR)」をサポートしているということで、「Google マップ」の AR 徒歩ナビ機能「ライブビュー」や、「Google 検索」の拡張現実世界(AR)コンテンツ「動物 AR」「恐竜 AR」「昆虫 AR」などで、周囲のスペースに AR 表示する[AR コンテンツ]を楽しむことなどができます。AR メジャーアプリ「Measure」も利用可能。

「Google 検索」に[恐竜 AR]が登場 Android の場合は Android 7.0 以降の機種で利用可能 iOS の場...
「Google検索」に恐竜ARが登場 - Jetstream BLOG
ビッグ・バグズ・パニック!「Google 検索」に[昆虫 AR]が登場 Android の場合は Android 7.0 以降...
ビッグ・バグズ・パニック!「Google検索」に昆虫ARが登場 - Jetstream BLOG

OPPO の「Google Play 開発者サービス(AR)」対応機種といえば、「OPPO Reno3 A」の先輩機種である「OPPO Reno A」もそうでした。「OPPO Reno3 A」も同じく「Google Play 開発者サービス(AR)」対応なので、「ライブビュー」や各[AR コンテンツ]を楽しみましょう!

またこの点が気になって購入を躊躇していた方は、心置きなく「OPPO Reno3 A」を買いましょう!

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

Jetstream BLOG をフォロー

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください