Article headline Speakable markup example

「Jacquard by Google」同アビリティを複数アクションに割り当て可能に

  • 「Jacquard by Google」アプリが 2020 年 8 月 26 日にアップデート
  • Android と iOS 版アプリ共にアプリバージョン v2.3
  • 同じアビリティを複数アクションに割り当て可能に(大幅進化)

2019 年秋に国内発売された、Levi’s(リーバイス)のデニムジャケット「Levi’s Commuter Trucker Jacket」と、Saint Laurent(サンローラン)のバックパック「Saint Laurent Backpack with Jacquard by Google」用の Android と iOS 版アプリ「Jacquard by Google」が、2020 年 8 月 26 日に共に v2.3 へとアップデートされました。

今回の「Jacquard by Google」アプリ v2.3 アップデートでは、かなり久しぶりに新機能が追加されています。その新機能は、同じアビリティを複数アクションに割り当てることができるようになるという新機能です。

「Jacquard by Google」アプリではこれまで、[上にスワイプ][下にスワイプ][ダブルタップ]の 3 つのジェスチャーアクションのいずれかに割り当てたアビリティを、別のアクションにも同じく割り当てることができませんでした。つまり “1 アビリティ 1 アクション” だったわけです。

それが新たに同じく割り当てができるようになったことで、“1 アビリティ マルチアクション” が可能となりました。

このほか、これまで[アシスタントに聞く]アビリティとして提供されてきた「Google アシスタント」アビリティが[マイ クエスチョン]に刷新され、複数の「Google アシスタント」への指示を作成してストックしておくことができるようになっています。

これを “1 アビリティ マルチアクション” と組み合わせることで、例えば[上にスワイプ]に “明日の天気を教えて”、[下にスワイプ]に “今日のニュースを教えて”、[ダブルタップ]に “行ってきます(ルーティン)” を割り当てて、様々な「Google アシスタント」アビリティを使い分けることができるようになっています。

この新機能、意外と「Jacquard by Google」の大幅な進化かもしれません。そもそものユーザーがどの程度いるのかは、疑問ですが。

ちなみに「Levi’s Commuter Trucker Jacket」と「Saint Laurent Backpack with Jacquard by Google」、2020 年 8 月現在もしっかりと販売されています。

アプリリンク

Android
Price: Free
iOS

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。