「Suunto 7」にWear OS H-MR2アップデートが配信開始

  • Wear OS ウォッチ「Suunto 7」にシステムバージョン「H-MR2」アップデートが配信開始
  • 独自の新機能が複数追加
  • システムバージョン「H-MR1」に続く初の「H-MR2」対象機種

フィットネストラッキングウォッチメーカー大手の Suunto 初の Wear OS ウォッチ「Suunto 7」に対し、システムバージョン「H-MR2」アップデートが、2020 年 9 月 8 日より配信開始されました。

「Suunto 7」に対するシステムアップデートは、「Over the Air(OTA)」で配信されています。Wi-Fi 接続を ON にした状態で充電を行っていると自動で「OTA」アップデートが適用されますが、[設定]→[システム]→[デバイス情報]→[システムアップデート]と進むことで、「OTA」アップデートのダウンロードを促すことも可能です。

今回の「Suunto 7」に対するシステムアップデートでは、専用の「Suunto App」アプリの新機能やバッテリー節約型の GPS モードなど、複数の新機能が提供されています。

しかしやはり注目なのは、システムバージョン「H」の最新版となるシステムバージョン「H-MR2」が適用された点です。これまでは Fossil 第 5 世代 Wear OS ウォッチに対するシステムバージョン「H-MR1」が最新となっていたのですが、久しぶりにこれが更新されました。

Wear OS のシステムバージョン「H-MR2」ではバグフィックスとパフォーマンスの最適化はもちろん、言語翻訳機能の改善なども含まれています。

追加情報

Wear OS 最新システムバージョン「H-MR2」ではセットアップ高速化など改善多数 パフォーマンスの改善...
Wear OS最新システムバージョン「H-MR2」ではセットアップ高速化など改善多数 - Jetstream BLOG

Source:Suunto

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください