新しい15秒動画コンテンツ「YouTube Shorts」提供開始

  • 「YouTube」、新しい 15 秒動画コンテンツ「YouTube Shorts」インドで提供開始
  • スマートフォンで撮影して簡単に投稿可能
  • 複数の撮影を 1 つのビデオクリップにまとめたり、タイマーやカウントダウン、録画時のスロー撮影などが可能(つまり TikTok)

Google 傘下の「YouTube」は 2020 年 9 月 14 日、スマートフォン版「YouTube」アプリで撮影した 15 秒以内の動画を投稿できる新しいコンテンツ「YouTube Shorts」を発表し、まずはインドでベータ版として提供開始しました。

「YouTube Shorts」は、スマートフォンで撮影した短い動画を投稿できる、クリエイター向けの新しいコンテンツです。「YouTube」では現在、短い動画を投稿できる「ストーリー」が提供されていますが、「YouTube Shorts」では撮影した動画の切り取りはもちろん、複数の撮影を 1 つのビデオクリップにまとめたり、タイマーや撮影開始のカウントダウン、さらには録画時はスローで撮影して投稿後は通常の速度で再生される機能など、複数の機能が最初から提供されている点が異なります。

はっきりいって「YouTube Shorts」は、「TikTok」の「YouTube」版です。

また「YouTube Shorts」の提供と共に、動画から動画へ次々に再生する縦型スワイプ操作も、新たに提供されます。これもすでに「ストーリー」で提供されている操作機能です。

Source:YouTube

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください