UI刷新ベータ版「Google Pay」インドで提供開始

  • UI 刷新ベータ版「Google Pay(Google Pay India)」がインドとシンガポールで提供開始
  • オープンソースのモバイルアプリケーションフレームワーク「Flutter」で作成されたアプリ
  • 今後はグローバル展開も?

Google は 2020 年 9 月 19 日、モバイル決済アプリ「Google Pay」のインド版(Google Pay India)にて、オープンソースのモバイルアプリケーションフレームワーク「Flutter」を用いて作成された新しい「Google Pay」アプリを、インドとシンガポールでベータ版として提供開始しました。

インドなどで新たに提供が開始された新しい「Google Pay」アプリは、冒頭画像の通りロゴが刷新され、そしてユーザーインターフェース(UI)もリニューアルされています。特にわかりやすい変更点としては、現在国内版「Google Pay」アプリで提供されている画面下部のメニューバーが、新しい「Google Pay」アプリではなくなりました。

インドなどで提供開始された新しい「Google Pay」アプリ

この新しい「Google Pay」アプリは、現時点ではインドとシンガポールでしか提供されていないため、日本も含めてそれ以外の国や地域では、まだ利用することができません。

ちなみに海外では、以前より「Google Pay」アプリは Android だけでなく、iOS 版も提供されています。今回の「Flutter」で作成された新しい「Google Pay」アプリも、Android 版と iOS 版が用意されている模様です。

このほか、今回新しい「Google Pay」アプリはベータ版としてインドとシンガポールで提供されていますが、グローバル版「Google Pay」アプリも統一された UI が適用される予定です。ただ日本国内版の「Google Pay」アプリも同様の UI が適用されるかは、今のところ不明。

アプリリンク

Android

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください