「LINE Pay」JPKI対応で役所手続きをスマートフォンで完結可能に

  • 「LINE Pay」が公的個人認証サービス「JPKI」対応
  • マイナンバーカードを用いた役所手続きをスマートフォンで完結可能に
  • 例えば住民票の発行を「LINE」で申請 →「LINE Pay」で支払い、などなど

LINE は 2020 年 9 月 24 日、同社のモバイル決済サービス「LINE Pay」の公的個人認証サービス「JPKI」対応を発表しました。

公的個人認証サービス「JPKI」は、住民票などの本人確認が必要な電子証明書を、マイナンバーカードを用いてインターネット上で認証を行い発行できるサービスです。「LINE Pay」が「JPKI」に対応することで、自治体の「LINE 公式アカウント」と、ユーザーのマイナンバーカードと「LINE Pay」を用いた様々なサービスに活用できるようになります。

例えば、住民票をインターネットを介して発行する際に、自治体公式の 「LINE 公式アカウント」から申請して「JPKI」による公的個人認証を行い、そのまま住民票発行手数料を「LINE Pay」で支払うなど、スマートフォンのみで公的サービスを完結させることができるようになります。住民票は郵送してもらうことで、いちいち役所に出向く必要もなくなるわけです。

「LINE Pay」の「JPKI」サービスはこれから開発が行われ、2021 年春を目標に、サービスが適用開始される予定。実際に提供されるサービスは自治体によって異なりますが、各種証明書の発行はもちろん、給付金申請、粗大ゴミ受付、子育て関連の申請など、様々提供されます。

Source:LINE

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください