「Google マップ」コロナウィルス情報レイヤー展開開始

  • 「Google マップ」アプリの[COVID-19 関連情報]レイヤーが展開開始
  • 直近 7 日間のコロナウィルス感染状況を色分け表示
  • 日本は世界と比べてかなり少ない模様

Google は 2020 年 9 月 23 日に、地図サービス「Google マップ」の Android と iOS 版アプリに対する新機能として、「コロナウイルス(COVID-19)」情報を視覚的に表示する[COVID-19 関連情報]レイヤーを追加すると発表しましたが、その[COVID-19 関連情報]レイヤーが 9 月 29 日前後に日本国内でも展開開始されました。

「Google マップ」アプリに[COVID-19 関連情報]レイヤー追加へ 直近 7 日間のコロナウィルス感染状...
「Google マップ」コロナウィルス情報レイヤー展開開始 - Jetstream BLOG

[COVID-19 関連情報]レイヤーは、[航空写真]や[地形][交通状況]などの、「Google マップ」のレイヤー機能の一つ。[COVID-19 関連情報]レイヤーを ON にすることで、表示しているエリアにおける 10 万人あたりの直近 7 日間の平均感染者の数や感染者が増加傾向にあるのか減少傾向にあるのラベル表示、そして感染者の密度を色分けで表示してくれます。

[COVID-19 関連情報]レイヤー

[COVID-19 関連情報]レイヤーを ON にすると、表示エリアの「コロナウイルス」感染状況を色や数値で確認することができます。

10 月からは「Go To トラベルキャンペーン」の対象地域に、これまで除外されてきた東京も含まれるようになります。例えば旅行先の「コロナウイルス」感染状況が気になる方は、[COVID-19 関連情報]レイヤーを利用してみてください。

ただ世界と比較して感染者の少ない日本は、全国的に肌色っぽい配色となりました。日本国内でも感染者の多い東京でも、10 万人あたりの感染者数は 1。そして減少傾向と表示されます。

アプリリンク

Android
iOS

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください