Article headline Speakable markup example

「Suica」新対応「wena 3」正式発表

  • Sony、「Suica」新対応ハイブリッドスマートウォッチ新モデル「wena 3」正式発表
  • 「Amazon Alexa」にも対応
  • 2020 年 11 月 27 日以降に順次発売

Sony が事業支援する「Sony Startup Acceleration Program(ソニースタートアップアクセラレーションプログラム)」から生まれた wena project は 2020 年 10 月 1 日、同社のハイブリッドスマートウォッチ「wena」の第 3 モデルとなる新世代「wena 3」を正式発表しました。

新世代「wena 3」はこれまで同様、スマートウォッチ機能を集約した腕時計バンドと、アナログウォッチのヘッド部分からなる製品です。バンド、ヘッドそれぞれ単体購入や組み合わせはもちろん、バンドとヘッドのセット購入など、多彩なバリエーションが用意されています。

また新世代「wena 3」は 2020 年 11 月 27 日より、順次発売です。発表同日の 10 月 1 日より、予約販売も行われています。

「wena 3」

「wena」シリーズの新世代となる「wena 3」は、これまでと同じく腕時計バンドにスマートウォッチ機能を集約した製品です。

スマートウォッチ機能搭載バンドとアナログウォッチのヘッド部分が用意されていますが、もちろんバンドだけの購入も可能。「wena 3」バンドは “metal(メタル)” “leather(レザー)” “rubber(ラバー)” の 3 種類のバンド素材が用意されていますが、すべてバンド幅は 22mm となります。つまりバンド幅 22mm の Wear OS ウォッチに装着することも可能です。

“metal(メタル)” “leather(レザー)” “rubber(ラバー)” の 3 種類

新世代「wena 3」の特徴は、これまでの「楽天 Edy」「iD」「QUICPay」に加え、新たに JR 東日本が提供する交通系電子マネー「Suica」にも対応した点です。新世代の「wena 3」においても「楽天 Edy」「iD」「QUICPay」はこれまでと同じく、iOS のみ提供されている「おサイフリンク」アプリから初期設定を行わないと利用できないのですが、「Suica」は今後提供される Android と iOS 版「wena 3」アプリから設定を行うことで、「Suica」の新規発行やクレジットカードチャージを行うことができるようになります。また「Google Pay」経由のチャージも可能。

さらに新世代「wena 3」は、Amazon の AI アシスタント機能「Amazon Alexa」もサポート。このほかスマートロック「Qrio Lock」と紛失防止機能「MAMORIO」にも対応し、「wena 3」から「Qrio Lock」のロックを解除したり、「MAMORIO」による「wena 3」の位置取得を行うことができます。

フルカラーのタッチ操作対応有機 EL ディスプレイ搭載

「wena 3」本体には LED とフルカラーのタッチ操作対応有機 EL ディスプレイを搭載。通知やスケジュールの確認、天気予報表示、アラームのセットなど、をタッチ & スワイプ操作で行うことが可能です。

豊富な活動ログ機能

またデュアル光学式心拍センサー搭載で、ソニー独自のアルゴリズムと組み合わせた日々の活動量測定機能をサポート。歩数や心拍数、消費カロリーに加え、最大酸素摂取量(VO2 Max)、4 段階の眠り深さを元にした睡眠ログ、ストレスレベル、ネルギー残量(Body Energy)もチェックすることができるようになっています。ただし GPS は非搭載。

「wena 3」本体デザインは前作「wena wrist active」から 30% 小型化し、さらに -2.5mm の薄型化も実現。ディスプレイパネルは Gorilla Glass 採用で、傷つきにくい仕様です。照度センサーも搭載し、ディスプレイの明るさを自動で最適化する機能も搭載されています。

新世代「wena 3」の価格は、24,000 円(税抜き)~。

Source:wena

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

Jetstream BLOG をフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください