Android TVプロジェクター「XGIMI Halo Plus」超特価!【Amazonプライムデー】

  • Android TV プロジェクター「XGIMI Halo Plus」が国内 Amazon.co.jp で超特価!
  • 元値 96,800 円 → 67,760 円(30% 引き)
  • 「プライムデー」限定(2020 年 10 月 14 日まで)

国内の Amazon.co.jp において 2020 年 10 月 13 日から開始された年に一度のビッグセール「プライムデー」にて、最高 800ANSI ルーメンの明るさでフル HD 画質映像を 100 インチ程度の大きさで投影可能な、「Android TV」搭載ポータブルプロジェクター「XGIMI Halo Plus」が、30 % 引きとなる超特価販売が開始されました。

価格は、元値 96,800 円から 30%(29,040 円)引きの 67,760 円です。

ちなみに「XGIMI Halo Plus」は、7 月にプラススタイル(+Style)から発売された「XGIMI Halo」の改良モデルです。基本性能はそのままですが、本体底面にサポートレッグを新搭載し、投影角度を変えられるようになりました。

「XGIMI Halo Plus」が「プライムデー」超特価!

「プライムデー」は 2020 年 10 月 14 日まで。お見逃しなく!

「XGIMI Halo Plus」

「XGIMI Halo Plus」は、先に発売された「XGIMI Halo」の改良モデルです。

改良された部分は、本体底面にサポートレッグを新搭載した点で、投影角度を調整できるようになりました。そのほかはは基本的に「XGIMI Halo」と同じく、58.6Wh バッテリー搭載で最大 4 時間の連続バッテリー運用が可能な、Google のテレビプラットフォーム「Android TV」を搭載するポータブルプロジェクターです。

Wi-Fi 環境がある場所にて、「YouTube」や「Netflix」など、単体でコンテンツ投影を行うことも可能となっています。もちろん HDMI 入力端子搭載で、有線による映像 + 音声入力と投影が可能なうえに、USB Type-A(2.0)端子搭載で USB メモリやハードディスクに内蔵されているファイルを読み込んで投影することも可能。

本体は DLP 投影方式をサポートし、最高 800ANSI ルーメンの明るさでフル HD 画質映像を、最大 100 インチ程度の大きさで投影が可能。さらに投影面を自動検出してオートフォーカスを行ってくれる投影画面自動調整機能も搭載。

特許取得済の「Smart keystone 補正」による、垂直方向 ±40 度までの自動補正もサポート。主要スペックは、Amlogic T950X2 プロセッサ、2GB RAM、16GB 内部ストレージ搭載です。

Bluetooth 5.0 もサポートし、ワイヤレスキーボードやゲームコントローラーなどをつないで操作を行うことも可能。

このほかスピーカーは Harman Kardon チューニングの 5W × 2 スピーカーを搭載。「Android TV」搭載ということで、Google Cast を利用したスマートフォンや PC 画面のミラーリングと、「Google アシスタント」もサポートします。

Amazon 商品ページリンク

「プライムデー」

Amazon Prime Day(プライムデー)2020 | 年に一度のプライム会員大感謝祭

「XGIMI Halo Plus」
XGIMI Halo Plus モバイルプロジェクター PSE認証 1080Pリアル解像度 Android TV搭載 800ANSIルーメン 小型プロジェクター サポートレッグ付き オートフォーカス 2K/4K対応 Harman/Kardonスピーカー Wi-Fi/Bluetooth iPhone 接続可能

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください