廉価版Wear OS?「Montblanc Summit Lite」FCC認証取得

  • 未発表 Wear OS ウォッチ「Montblanc Summit Lite」が FCC 認証取得
  • Bluetooth と Wi-Fi 対応
  • 日本の技適マークは確認できず

スイスのラグジュアリーアパレルブランド Montblanc(モンブラン)の Wear OS シリーズ “Montblanc Summit” の新モデルと見られる「Montblanc Summit Lite」が、2020 年 10 月 23 日付けで米政府機関「FCC(連保通信委員会)」の認証を取得しました。

「Montblanc Summit Lite」の FCC ラベルは「2AENP-SXL20」、型番は「SXL20」です。

「Montblanc Summit Lite」の詳細は不明ですが、名前の通りこれまでの “Montblanc Summit” の中でライトな廉価モデルとなると予想される Wear OS ウォッチです。

とはいえ “Montblanc Summit” シリーズといえば、そのとき最新の Snapdragon Wear プロセッサを搭載し発売されていることから、「Montblanc Summit Lite」にも「Snapdragon Wear 4100」or「Snapdragon Wear 4100+」が採用されることが期待されます。

「Montblanc Summit Lite」FCC ラベル

ちなみに、2020 年 3 月に正式発表された「Montblanc Summit 2+(S2C19)」は、“Montblanc Summit” シリーズ初の LTE 対応モデルだったのですが、今回の「Montblanc Summit Lite」は、Bluetooth と Wi-Fi の認証テストが行われていて LTE の認証テストは行われていないので、おそらく LTE 非対応です。

このほか公開されている FCC ラベルには、日本の技適マークが未記載となっているため、発表されるとしても日本への投入は行われない可能性があります。

Source:FCC

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

Jetstream BLOG をフォロー

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください