「楽天モバイル」新世代電子本人確認eKYCを導入

  • 「楽天モバイル」新世代電子本人確認 eKYC を導入
  • まずは Android 版「my 楽天モバイル」アプリから
  • 2020 年 11 月 9 日より提供開始

楽天 は 2020 年 11 月 4 日、同社の MNP サービス「楽天モバイル」において、新世代電子本人確認プロダクト「eKYC(electronic Know Your Customer)」を導入すると発表しました。

「eKYC」は AI を活用した本人確認の仕組みで、例えば、これまで回線とスマートフォンをオンラインで契約する際に本人確認書類を郵送したり WEB サイトにアップロードして本人確認が終了するまで待つ必要があったのですが、「eKYC」では WEB サイトやアプリにて本人確認書類をアップロードすることで、AI が即時に分析して本人確認を終了することができます。

実際に「楽天モバイル」では「eKYC」にて、「運転免許証」を本人確認書類として用いることが可能になります。さらに今後、IC チップの読み取り機能を追加し「マイナンバーカード」も「eKYC」にて利用できるようになる予定です。

「楽天モバイル」の「eKYC」手順

さらに「楽天モバイル」では、MNO として唯一「eSIM」も提供しています。即時に本人確認が終了する「eKYC」と、QR コードやプロファイルの読み込みのみで SIM の切り替えを行うことができる「eSIM」を組み合わせることで、契約手続きから即時開通を実現することができるわけです。

「eKYC」と「eSIM」で即時開通を実現

「楽天モバイル」の「eKYC」は、まず Android 版「my 楽天モバイル」アプリにて、2020 年 11 月 9 日より提供が開始されます。さらに、iOS 版「my 楽天モバイル」アプリも、「eKYC」を利用できる状態で 2020 年 11 月 30 日より提供が開始される予定です。

iOS 版「my 楽天モバイル」アプリが 2020 年 11 月 30 日提供へ 電子本人確認「eKYC」対応 まずは「...
eKYC対応!iOS「my 楽天モバイル」アプリ11月30日提供へ - Jetstream BLOG

このほか「楽天モバイル」は、2020 年 10 月 12 日より SIM / eSIM 再発行手数料も無料化と、2020 年 11 月 4 日より契約事務手数料と MNP  転出手数料の 0 円提供も開始しています。

ついに「楽天モバイル」が SIM / eSIM 再発行手数料を無料化 もともと SIM 発行手数料が 3,000 円が...
ついに!「楽天モバイル」SIM/eSIM再発行手数料を無料化 - Jetstream BLOG
「楽天モバイル」契約事務手数料 & MNP 転出手数料を 0 円で提供開始 2020 年 11 月 4 日より ...
「楽天モバイル」契約事務手数料&MNP転出手数料を0円で提供開始 - Jetstream BLOG

Source:楽天モバイル

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください