「Google フォト」容量無制限提供終了へ

  • Google、ストレージポリシー変更を発表
  • 「Google フォト」容量無制限提供を 2021 年 5 月 31 日をもって終了へ
  • 初代「Pixel」~「Pixel 5」で撮影された写真については対象外

Google は 2020 年 11 月 11 日、無料ユーザーは 15GB、「Google One」ユーザーは 100GB ~ から利用できる Google ストレージのポリシーを変更すると発表しました。

今回の Google ストレージポリシー変更では、これまで容量無制限で提供されてきたオンラインフォトライブラリサービス「Google フォト」が、2021 年 6 月 1 日より、なんと容量無制限ではなくなります。「Google フォト」最大の特徴となっていた容量無制限が、ついに終了です。

詳しくは、「Google フォト」ではこれまで、保存される写真や動画を容量圧縮して保存する[高画質]を選択している場合、容量無制限で利用することができました。しかし 2021 年 6 月 1 日以降、[高画質]で保存する写真や動画についても、Google ストレージ 15GB ~ の容量を消費するようになります。

ただし 2021 年 5 月 31 日までに保存される[高画質]写真や動画については、これまで通り容量無制限として保存可能で、6 月 1 日以降にストレージ消費対象にならず、そのまま容量消費対象外として保存され続けます。

また初代「Pixel」~「Pixel 5」については、この 2021 年 6 月 1 日以降の影響を受けず、容量消費対象外のままで写真や動画を保存し続けることが可能です。

2021 年 5 月 31 日まで
これまで通り[高画質]保存の写真や動画は容量無制限のまま
2021 年 6 月 1 日以降
  • [高画質]保存の写真や動画も容量消費対象に
  • 2021 年 5 月 31 日以前に保存された[高画質]写真や動画はそのまま容量消費せず
  • 初代「Pixel」~「Pixel 5」で撮影された[高画質]写真や動画は引き続き容量消費対象外

ちなみに Google によると、2021 年 6 月 1 日以降「Google フォト」の容量無制限が終了したとしても約 80% のユーザーが 3 年間は無料プラン 15GB のまま保存が可能とのこと。逆にいうとそれ以外のユーザーもしくは約 80% のユーザーは、そのうち「Google One」の有料プランへの移行が必須となるかもしれません。

Google では現在、以下の URL から、現在自身の Google ストレージ容量の状況と、今後何年利用中の容量で利用し続けることができるかを確認できる、[保存容量]確認サイトが用意されています。

すべての写真や動画がまとめられて、自動的に整理され、また共有も簡単に行えます。
Google フォト - photos.google.com

また 2021 年 6 月にはボケ写真や暗い写真などの撮影失敗写真、もしくは容量の大きい写真や動画などを確認しながら削除できる無料ツールも公開予定です。

このほか、今回の Google ストレージポリシー変更は「Google フォト」だけでなく、そのほかのサービスに対象です。

Google、ストレージポリシー変更を発表 「Google ドキュメント / スプレッドシート / スライド」など...
「Google ドキュメント/スプレッドシート/スライド」容量無制限終了へ - Jetstream BLOG

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください