「楽天Edy」アプリでクレジットカード情報登録サービス終了

  • Android 版「楽天Edy」アプリでクレジットカード情報登録サービス終了
  • 楽天会員情報に登録したクレジットカード情報と連携する仕様に変更
  • 「Google Pay」からのチャージは依然可能です

楽天が提供している電子マネーサービス「楽天 Edy」の Android 版アプリに対し、2020 年 12 月 21 日に v5.4.0 アップデートが配信開始されました。

今回の Android 版「楽天 Edy」アプリ v5.4.0 アップデートでは、「楽天 Edy」アプリ上でのクレジットカード新規登録と登録変更サービスが終了しています。つまり「楽天 Edy」アプリ上からチャージ用クレジットカードを登録できなくなりました。

ただし、「楽天 Edy」アプリ上からチャージ用クレジットカードを登録できなくなったからといって、チャージなどができなくなったわけではありません。今後は、楽天会員情報に登録している支払い用クレジットカード情報と連携し、そのクレジットカードからチャージする仕様に変更されています。

「楽天 Edy」の前身となる「Edy」はもともと、ビットワレットが提供する電子マネーサービスだったのですが、2009 年に楽天がビットワレットを買収したことで、「楽天 Edy」に変わりました。それから 10 数年経過し、「楽天 Edy」がより楽天化したわけですね。

ちなみに「おサイフケータイ」と「Google Pay」対応 Android の場合は、「Google Play」に登録している支払い用クレジットカードから「楽天 Edy」にチャージすることが、依然可能です。

アプリリンク

Android

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください