Article headline Speakable markup example

「Visa LINE Payプリペイドカード」Google Pay未対応で提供開始

  • ついに「Visa LINE Pay プリペイドカード」提供開始
  • 「LINE Pay」アプリ上でバーチャルカードを発行
  • しかしまだ「Google Pay」には対応準備中

LINE は 2020 年 12 月 22 日、同年 10 月 30 日に発表していた三井住友カードの戦略的業務提携による新しいプリペイドカード「Visa LINE Pay プリペイドカード」の提供を、ついに開始しました。

「Visa LINE Pay プリペイドカード」は、「LINE Pay」アプリ上で簡単に発行できるバーチャルカードです。

「Visa LINE Pay プリペイドカード」発行手順
「Visa LINE Pay プリペイドカード」発行手順
  1. 「LINE」アプリの[ウォレット]、または「LINE Pay」アプリのメインメニューにある[プリペイドカード]をタッチ
  2. [Visa LINE Pay プリペイドカード]をタッチ
  3. [バーチャルカードを発行] をタッチして進む

「Visa LINE Pay プリペイドカード」は、NTT ドコモが提供する決済プラットフォーム「iD」に対応しています。なので「おサイフケータイ」対応スマートフォンの場合、「Visa LINE Pay プリペイドカード」を「iD」メインカードとして登録可能です。

ただし、当初は「Google Pay」に対応するとして発表されていたのですが、提供開始時点では「Google Pay」は未対応で準備中となる模様です。今後対応予定ではありますが、時期は未定です。

※Google Payは現在準備中です。サービス提供開始時にお知らせいたします。

このほか「Visa LINE Pay プリペイドカード」が提供開始されたため、これまで提供されてきた JCB 系プリペイド「LINE Pay カード」は、2020 年 12 月 22 日をもって新規発行が終了しています。発行済み「LINE Pay カード」は、有効期限いっぱいまで利用可能ですが、更新を行うことはできません。

尚、本日をもって、JCBのプリペイドカード「LINE Pay カード」の新規発行を終了し、QUICPay+への新規登録は順次終了となります。

ちなみに「Visa LINE Pay プリペイドカード」、「Apple Pay」には提供開始時点から対応しています。

Source:LINE Pay

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。