ビジネス向け!第11世代Intelプロセッサ搭載「Surface Pro 7+」正式発表

  • Microsoft、第 11 世代 Intel Core i プロセッサ搭載「Surface Pro 7+」正式発表
  • 最大 32GB RAM搭載で LTE 対応モデルもあり
  • 残念ながらビジネス向け展開

Microsoft は 2021 年 1 月 11 日、Windows 10 搭載ハイスペックタブレット Surface Pro シリーズの次世代モデル「Surface Pro 7+」を正式発表しました。

「Surface Pro 7+」はその名の通り「Surface Pro 7」がベースで、プロセッサなどの主要スペックを向上しつつ、さらに一部の構成では LTE(nano SIM or eSIM)にも対応します。

ただし「Surface Pro 7+」は残念ながら、法人や教育機関などのビジネス向けです。一般向けモデルは今のところラインアップされていません。

このほか「Surface Pro 7+」は、日本でも 2021 年 1 月 15 日から発売されます。

「Surface Pro 7+」

「Surface Pro 7+」は「Surface Pro 7」をベースに、主要スペックを向上したりビジネス向け Windows 10 搭載ハイスペックタブレットです。

主要スペックは、12.3 インチ(2,736 × 1,824)PixelSense ディスプレイ、第 11 世代 Intel Core i3 / i5 / i7 プロセッサ、8 / 16 / 32 GB RAM、128GB / 256GB / 512GB / 1TB 内部ストレージ(SSD)、50.4Wh バッテリーを搭載。さらにこれまでの Wi-Fi モデルのほか、nano SIM と eSIM 対応の LTE モデルもラインアップされています。

その構成は全 4 モデルです。

Wi-Fi モデル
  • Corei i3 プロセッサ + 8GB RAM + 128GB 内部ストレージ
  • Corei i7 プロセッサ + 32GB RAM + 1TBGB 内部ストレージ
LTE モデル
  • Corei i5 プロセッサ + 8GB RAM + 128GB 内部ストレージ
  • Corei i5 プロセッサ + 16GB RAM + 256GB 内部ストレージ

さらに「Surface Pro 7+」では、SSD の交換に初対応。廃熱効率を向上する新設計のヒートパイプと、最上位の Corei i7 プロセッサのみ、新たに静音ファンも搭載。

「Surface Pro 7」の 43Wh から 50.4Wh に容量アップされたバッテリーは、さらに高速充電もサポート。

「Surface Pro 7+」のカラーバリエーションは “Platinum” と “Matte Black” の 2 色展開です。

Source:Microsoft

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください