Article headline Speakable markup example
Moto G9 Play

国内版「Moto G9 Play」KDDI対応

  • 国内版「Moto G9 Play」が KDDI ネットワークに対応
  • NTT ドコモ、KDDI、ソフトバンクの 3 キャリアの SIM で利用可能に
  • 楽天モバイルのみ未対応

Motorola は 2021 年 1 月 12 日、2020 年 10 月 30 日に国内発売されたエントリースマートフォン「Moto G9 Play」の、KDDI ネットワーク対応完了を発表しました。

国内版「Moto G9 Play」はこれまで、NTT ドコモとソフトバンクのネットワークを利用する SIM での運用がサポートされていたのですが、新たに KDDI ネットワークも追加され、KDDI 系の SIM でも運用できるようになったわけです。

ただし国内版「Moto G9 Play」は、楽天モバイルネットワークについては未対応のまま。実際には楽天モバイルの SIM を挿して運用することは、対応するモバイルネットワークから見て(理論的に)可能ではありますが、サポート対象外となることは変わりません。ご注意ください。

「Moto G9 Play」

「Moto G9 Play」は、Motorola 製エントリースマートフォン Moto G シリーズ第 9 世代の派生モデルです。

その特徴は、リアトリプルカメラ搭載を搭載する点と、5,000mAh 大容量バッテリーを搭載する点。リアトリプルカメラの構成は、4,800 万画素メインカメラ(F/1.7、1.6um)+ 200 万画素マクロカメラ(F/2.2、1.7um)+ 200 万画素深度センサーカメラ(F/2.4、1.75um)搭載。フロントカメラはしずく型ノッチ仕様で、800 万画素センサーカメラ(F/2.2、1.12um)を搭載。

主要スペックは 6.5 インチ(1,600 × 720)HD+ アスペクト比 20:9 Max Vision ノッチ式 IPS ディスプレイ、Snapdragon 662、4GB RAM、64GB 内部ストレージ、Android 10 を搭載。背面に指紋センサー搭載です。

国内版「Moto G9 Play」はデュアル SIM 対応で、「Dual SIM, Dual VoLTE(DSDV)」にも対応しています。また NFC 搭載で、NFC 版「Google Pay」にも対応しています。

「Moto G8 Play」のカラーバリエーションは “サファイアブルー” と “フォレストグリーン” の 2 色で、価格は税込み 24,800 円。

サファイアブルー
フォレストグリーン

主要スペック

OS
Android 10
サイズ
165.21 × 75.73 × 9.18 mm
重量
200g
ディスプレイ
6.5 インチ(1,600 × 720)HD+、アスペクト比 20:9 Max Vision
プロセッサ
Snapdragon 662
RAM
4GB
内部ストレージ
64GB、micro SD スロット搭載
リアカメラ
4,800 万画素メインカメラ(F/1.7、1.6um)+ 200 万画素マクロカメラ(F/2.2、1.7um)+ 200 万画素深度センサーカメラ(F/2.4、1.75um)
フロントカメラ
800 万画素センサー(F/2.2、1.12um)
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n / ac
Bluetooth
5.0
バッテリー
5,000mAh
その他
USB Type-C、指紋センサー、NFC
カラー
サファイアブルー、フォレストグリーン
モバイルネットワーク
  • 2G:GSM クアッドバンド
  • 3G:WCDMA B1 / 2 / 5 / 8 / 19
  • 4G
    • FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28
    • TD-LTE B38 / 40 / 41

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください