Article headline Speakable markup example

Google、ストレージポリシー変更に関する詳細を案内

  • Google、Google ストレージのポリシー変更に関する詳細を再案内
  • 2021 年 6 月 1 日以降は「Google フォト」と「Google ドキュメント」「Google スプレッドシート」「Google スライド」ファイルの容量無制限が基本的に終了
  • 特にすでに保存容量を超えている方は注意

2020 年 11 月に Google は Google ストレージのポリシー変更を案内し、これまで容量無制限で提供されてきたオンラインフォトライブラリサービス「Google フォト」と、容量無制限で作成できた「Google ドキュメント」「Google スプレッドシート」「Google スライド」ファイルの容量無制限を、2021 年 5 月 31 日をもって終了すると発表しました。

ただしこの Google ストレージポリシー変更における「Google フォト」容量無制限の終了は、Google スマートフォン Pixel シリーズについては一部例外です。2021 年 6 月 1 日以降、「Pixel 3a」以降のシリーズにて撮影された写真については[高画質]設定の場合は保存容量にカウントされず、さらに「Pixel 3」シリーズについては圧縮されていない[元の画質]においても保存容量にカウントされずに「Google フォト」に保存することが可能です。

それを踏まえて、Google は 2021 年 1 月 13 日に改めて、Google ストレージのポリシー変更に関する詳細を、Google 公式の「Pixel Phone ヘルプ」ページにて再案内しています。特に、まだ Google ストレージのポリシー変更についてよくわかっていない方は必見です。

2021 年 6 月 1 日以降に Google フォトにバックアップされた高画質およびエクスプレス画質の写真と動画
  • 保存容量にカウントされるのは、2021 年 6 月 1 日以降にアップロードされた写真と動画のみです。
  • 2021 年 6 月 1 日より前にアップロードまたは変更されたファイルは、保存容量にはカウントされません。
  • Pixel 5 以前のデバイスには影響しません。既存の特典やプロモーションに変更はありません。これらのデバイスからの高画質でのアップロードは引き続き対象外となります。
Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard で作成または変更したファイル
  • 保存容量にカウントされるのは、2021 年 6 月 1 日以降に作成または変更されたファイルのみです。
  • 2021 年 6 月 1 日より前にアップロードまたは変更されたファイルは、保存容量にはカウントされません。
長期間利用していない場合に、2021 年 6 月 1 日以降にデータへ及ぶ影響
  • Gmail、Google ドライブ(Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard を含む)、Google フォトを 2 年間利用していないユーザーについては、利用がなかったサービス内のコンテンツが削除される場合があります(合理的な事前の通知が行われた後)。
  • Google One をご利用で、未払いのお支払いや容量超過の問題がない場合、アカウントは良好な状態であり、有効であるとみなされます。
  • 何がアクティビティとしてカウントされるかについて、詳しくはこちらをご覧ください。
保存容量を超えている場合
  • 新しいファイルや画像を Google ドライブにアップロードすることはできません。
  • 写真や動画を Google フォトにバックアップできません。
  • 2021 年 6 月 1 日までは、上限を超えていても、高画質およびエクスプレス画質の写真と動画を引き続きバックアップできます。
  • Gmail でのメールの送受信機能も影響を受ける可能性があります。
  • Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard などの共同編集用コンテンツ作成アプリで新しいファイルを作成することはできません。使用量を上限以下に減らさない限り、あなただけでなく他のユーザーも、影響を受けるファイルの編集ができなくなります。保存容量が足りない場合、既存のコンテンツを追加またはコピーすることはできません。
  • 6 月 1 日までは、これらのアプリで引き続きファイルを作成、編集できます。
  • Google アカウントへのログインとアクセスは引き続き可能です。
  • 保存容量を超過した状態が 2 年間続くと、Gmail、Google ドライブ(Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard のファイルを含む)、Google フォトのコンテンツが削除される場合があります。

この中でも特に、現時点ですでに保存容量を超えている方は注意が必要です。「Google フォト」への保存や「Google ドキュメント」「Google スプレッドシート」「Google スライド」ファイルの作成ができなくなるだけでなく、保存容量を超えている状態が 2 年以上続くと、Google ストレージに保存されているファイルが、コンテンツごと削除されてしまう可能性があります。

すでに保存容量を超えている方、もしくは保存容量をが超えそうな方は、今から Google ストレージを整理して容量を確保するか、もしくは「Google One」に加入して保存容量を増やすようにしましょう。

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。