Article headline Speakable markup example
Redmi Note 9T

5G&おサイフケータイで1万円台!「Xiaomi Redmi Note 9T」2月下旬発売

  • Xiaomi、次世代通信規格「5G」&「おサイフケータイ」対応国内向けスマートフォン「Redmi Note 9T」正式発表
  • ソフトバンク独占で 2021 年 2 月下旬発売予定
  • その価格なんと 19,637 円(税抜)で MNP 転入の場合はたったの 1 円

中国スマートフォンメーカー Xiaomi の日本法人 Xiaomi Japan は 2021 年 2 月 2 日、次世代通信規格「5G」&「おサイフケータイ」に対応する国内向け新型スマートフォン「Redmi Note 9T」を正式発表しました。

「Redmi Note 9T」はソフトバンク独占で、2021 年 2 月下旬に発売される予定です。そしてその価格はなんと、本体一括たったの 19,637 円(税抜)。さらにMNP 転入の場合は、たったの 1 円となります。最初からビックリ価格です。

「Redmi Note 9T」はソフトバンクを通して、2021 年 2 月 3 日より予約が開始されます。

「Xiaomi Redmi Note 9T」
「Xiaomi Redmi Note 9T」

「Xiaomi Redmi Note 9T」は、次世代通信規格「5G」に対応し、さらに Felica 搭載で「おサイフケータイ」も使える、高機能ミッドレンジスマートフォンです。

デザインは、2.5D フロントガラスに、指紋防止と撥水加工が施されたとポリカーボネート素材の 3D 曲面ユニボディデザインを採用。フロントディスプレイは Corning Gorilla Glass 5 が採用されています。

本体には、Redmi シリーズ初のフロントデュアルスピーカーを搭載。指紋センサーはディスプレイ内蔵でも背面搭載でもなく、本体側面搭載のサイドマウント指紋センサー仕様です。

主要スペックは、6.53 インチ(2,340× 1,080)フル HD+ ディスプレイ、MediaTek Dimensity 800U プロセッサ、4GB RAM、64GB 内部ストレージ、5,000mAh バッテリー、そして OS は Android 10 ベースの MIUI 12 を搭載。バッテリーは 15W 急速充電対応で、さらに 800 回繰り返し充電しても劣化の少ない仕様となっています。

カメラは、リアに 4,800 万画素メインカメラ + 200 万画素マクロカメラ + 200 万画素深度カメラのトリプルカメラを搭載。フロントカメラは 1,300 万画素のパンチホール仕様です。

「Xiaomi Redmi Note 9T」のカラーバリエーションは “ナイトフォールブラック” と “デイブレイクパープル” の 2 色展開。本体価格は、驚きの 19,637 円(税抜)です。

ナイトフォールブラック
デイブレイクパープル

主要スペック

OS
MIUI 12(Android 10ベース)
サイズ
162 × 77 × 9.1 mm
重量
200g
ディスプレイ
6.53 インチ(2,340× 1,080)フル HD+
プロセッサ
MediaTek Dimensity 800U
RAM
4GB
内部ストレージ
64GB
リアカメラ
4,800 万画素メイン(スーパピクセル 0.8 ~ 1.6μm ピクセルサイズ、F/1.79)+ 200 万画素マクロ(1.75μm ピクセルサイズ、F/2.4、焦点距離 4cm)+ 200 万画素深度(1.75μm ピクセルサイズ、F/2.4)
フロントカメラ
1,300 万画素、F/2.25
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n / ac
Bluetooth
5.1
バッテリー
5,000mAh、15W 急速充電
その他
USB Type-C、3.5mm イヤホンジャック、サイドマウント指紋センサー、おサイフケータイ
カラー
ナイトフォールブラック、デイブレイクパープル
モバイルネットワーク
  • 2G:GSM クアッドバンド
  • 3G:WCDMA B1 / 2 / 4 / 5
  • 4G
    • FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 26 / 28
    • TD-LTE B38 / 40 / 41 / 42
  • 5G:サブ 6 n77

Source:Xiaomi

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください