沖縄スーパー「かねひで」Tポイントから楽天ポイントに乗り換えへ

  • 沖縄スーパーマーケット「かねひで」が 2021 年 4 月 1 日より「楽天スーパーポイント」開始へ
  • これまで提供されてきた「T ポイント」は 2021 年 3 月 31 日で終了
  • 2021 年 3 月 1 日より「かねひで Edy- 楽天ポイントカード」期間限定無料配布へ

沖縄県内でスーパーマーケット「かねひで」を展開する金秀商事は 2021 年 2 月 5 日、2021 年 4 月 1 日より楽天の共通ポイントカードサービス「楽天スーパーポイント」の利用を開始すると発表しました。

「かねひで」は 2016 年 4 月より約 5 年間、Tポイントカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が提供する共通ポイントサービス「T ポイント」を利用てしてきたのですが、2021 年 4 月 1 日からは「楽天スーパーポイント」に切り替わります。「かねひで」における「T ポイント」サービスは、2021 年 3 月 31 日で終了。

つまり今回「かねひで」は、「T ポイント」から「楽天スーパーポイント」に乗り換えとなるわけです。

ちなみに、「かねひで」で利用されている「T ポイント」は、「T ポイントカード」を提示して決済端末にてスライド読み取りをする仕様となっていて、スマートフォン上にポイントのバーコードを表示してそれをスキャナーでスキャンする「T ポイントアプリ」でのポイント付与 or 利用には対応していません。そのため現状は、いちいち「T ポイントカード」を提示する必要があります。

しかし「かねひで」にて 2021 年 4 月 1 日から開始される「楽天スーパーポイント」サービスでは、「楽天ポイントカード」だけでなく、「楽天ポイントカードアプリ」などでのバーコード表示 & スキャンによるポイント付与 or 利用にも対応します。「かねひで」は「楽天 Edy」「PayPay」「au Pay」「メルペイ」のそれぞれのスマートフォンキャッシュレス決済に対応しているため、「楽天ポイントカードアプリ」と組み合わせることで、2021 年 4 月 1 日以降はスマートフォン一台だけでポイント付与 or 利用と決済まで、お買い物をスマートに行うことができるようになります。

沖縄在住の私個人的に「かねひで」はよく利用するのですが、ポイント付与のために「T ポイントカード」を持ち歩くことを億劫に感じていました。なので「楽天スーパーポイント」への乗り換えと「楽天ポイントカードアプリ」対応は大歓喜です。

このほか「かねひで」は 2021 年 3 月 1 日より、「楽天 Edy」と「楽天スーパーポイント」機能が付帯したオリジナルカード「かねひで Edy- 楽天ポイントカード」を、期間限定で店頭無料配布も行います。

この「かねひで Edy- 楽天ポイントカード」は、「楽天スーパーポイント」のポイント付与と「楽天 Edy」の決済を別々に行わなければいけない通常の仕様とは異なり、「楽天 Edy」決済を行うことで「楽天スーパーポイント」も同時に貯まる「ワンオペレーション」仕様となっていることが特徴です。

「ワンオペレーション」

(私のような)「かねひで」ヘビーユーザーは、2021 年 4 月 1 日からの「楽天スーパーポイント」サービス開始に備えましょう。

Source:金秀商事(PDF)

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

Jetstream BLOG をフォロー

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください