Article headline Speakable markup example
Chromebook

ChromebookのGoogle Meetパフォーマンス改善へ

  • Google、Chromebook(Chrome OS)における「Google Meet」パフォーマンス改善を発表
  • 「Google ドキュメント / スプレッドシート / スライド」などとの併用利用が容易に
  • 「Zoom」のパフォーマンスも向上へ

Google は 2021 年 2 月 5 日、Google 開発のオペレーティングシステム「Chrome OS」を搭載する PC「Chromebook」における、ビデオ通話サービス「Google Meet」のパフォーマンスを改善すると発表しました。

改善される内容は、主に教育現場での利用を想定した内容です。今後の Chrome OS アップデートにて、「Google ドキュメント / スプレッドシート / スライド」などとの併用利用時の画面改善、カメラのパフォーマンス改善、ネットワークの改善、仮想教室機能の提供が行われます。

さらに Google は、Web 会議サービス「Zoom」のエンジニアチームと共同で、「Chromebook」における「Zoom」のパフォーマンス向上とサービス強化も進めています。

画面改善

画面改善では、グリッドビュー表示機能が提供されることにより、学生など複数人でのビデオ通話の歳に、教員側は生徒全体を見渡すことができるようになります。

カメラのパフォーマンス改善

カメラのパフォーマンス改善では、ビデオ通話時のオーディオとビデオにおける不要な処理をなくすことで、カメラのパフォーマンスが向上します。

ネットワークの改善

画面を共有したりメモを取ったりなどリードタイムもしくはレストタイムに入る場合など、ビデオパフォーマンスを低下させないようにしつつ動画フレームレートをわすかに下げることで、ネットワークへの不可を低減させてネットワーク速度を改善します。

仮想教室機能の提供

挙手機能、デジタルホワイトボード機能、投票機能、Q&A 、小会議室機能など、仮想教室機能が提供されます。

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。