「Google アシスタント」画面ロック中でも利用可能に

  • Android 版「Google アシスタント」で画面ロック中でも利用可能に
  • メッセージ送信、アラーム設定、ライト ON / OFF などなど
  • ただし事前設定必須

Google は 2021 年 2 月 23 日、Google の AI アシスタント「Google アシスタント」の Android 版にて、メッセージ送信、アラーム設定、ライト ON / OFF などのパーソナル機能の、画面ロック中利用解禁を発表しました。

「Google アシスタント」をスマートフォンで利用する場合は、ジェスチャー操作や専用ボタンで「Google アシスタント」を起動するか、[OK Google][ねぇ Google]のボイスコマンドで「Google アシスタント」を起動します。そして通常は、画面ロックが行われている場合は画面ロックを解除して「Google アシスタント」を利用します。

しかし最新版の「Google アシスタント」では、画面ロック中でも「Google アシスタント」を用いてメッセージ送信、アラーム設定、ライト ON / OFF などのパーソナル機能を利用することができるようになっています。

とはいえ、ユーザーによっては画面ロック中に「Google アシスタント」が利用できてしまうと弊害もあるため、画面ロック中でも「Google アシスタント」を利用できるようにするには、事前設定が必要です。「Google アシスタント」の設定から[パーソナル]ページを開き、[ロック画面でのアカウントに基づく情報]のスイッチを ON にします。

[パーソナル]→[ロック画面でのアカウントに基づく情報]スイッチを ON

画面ロック中でも「Google アシスタント」を利用できるようにすると、例えば Android スマートフォンやタブレットを Google スマートスピーカー(Google Home)や Google スマートディスプレイとして、自宅などで据え置き状態での活用もできるようになります。一長一短ではありますが、いちいち画面ロックを解除して「Google アシスタント」を利用するのが面倒な方は、[ロック画面でのアカウントに基づく情報]のスイッチを ON に設定してみてはいかがでしょうか。

アプリリンク

Android

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください