Article headline Speakable markup example
LINE Mineo

「LINE」MVNOにもついに年齢認証解禁!

  • 「LINE」でドコモ / au / ソフトバンク(ワイモバイル)/ LINE モバイル限定で提供されてきた[年齢認証]
  • ついにその他の MVNO などでも利用可能に
  • まずは「mineo(eoID)」から

LINE のコミュニケーションサービス「LINE」にて、これまでドコモ / au / ソフトバンク(ワイモバイル)の国内 3 キャリアか、LINE の MVNO「LINE モバイル」限定で提供されてきた[年齢認証]。

その限定機能だった[年齢認証]が、ついにそのほかの MVNO などでも利用できるようになる模様です。

「LINE」アプリの Android 版に対し 2021 年 3 月 4 日に v11.3.1 アップデートが配信開始され、ドコモ / au / ソフトバンク(ワイモバイル)/ LINE モバイル以外の SIM でも[年齢認証]を行うことができる機能が追加されました。

とはいえ、今のところ[年齢認証]を利用できるようになったのは、オプテージの MVNO「mineo」のみとなる模様。「mineo」利用中で、オプテージ提供のインターネットサービス「eo」にてユーザーアカウント「eoID」を発行している場合に、その「eoID」を利用して[年齢認証]を行うことができできます。

「mineo」で[年齢認証]可能に!

「mineo」以外はまだ[年齢認証]未提供でエラーが表示されますが、おそらく「mineo」以外の MVNO でも順次提供されていくのでしょう。また iOS 版「LINE」アプリには、同様のアップデートがまだ配信されていません。

まだエラーが表示されることも

ちなみに「LINE」の[年齢認証]は、LINE ID 検索を解禁するために必須なプライバシー機能です。キャリアアカウントなどを利用して[年齢認証]を行うことで、LINE ID 検索を利用できるようになります。

昨今は QR コードでの「LINE」友だち登録が便利である程度メジャーですが、第 4 の MNO キャリア「楽天モバイル」やそのほか MVNO の需要も伸びてきていることから、[年齢認証]を限定提供することが、「LINE」にとって逆にデメリットになってきたのでしょう。

ちなみに Android 版「LINE」アプリ v11.3.1 アップデートでは、「LINE 公式アカウント」を[Keep]に保存できる機能と、友だちのアバターをプロフィールやアプリ内のカメラで使用できる機能も追加されています。

アプリリンク

Android
iOS
Price: Free+

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください