Article headline Speakable markup example
Mobile Suica

リニューアル!「モバイルSuica」v6.0.0アップデート

  • Android 版「モバイル Suica」アプリが v6.0.0 アップデートでリニューアル
  • 複数枚「Suica」発行や iOS から Android への OS 間移行などに対応
  • iOS 版「モバイル Suica」アプリや Android 版「楽天ペイ」アプリもアップデートでリニューアル

JR 東日本が提供する交通系電子マネーサービス「Suica」の Android 版「モバイル Suica」アプリの対し、2021 年 3 月 20 日にアプリバージョン v6.0.0 アップデートが配信され、予てから予告されていたリニューアルが行われました。

リニューアルされた Android 版「モバイル Suica」アプリでは、これまで行うことができなかった複数枚「Suica」の発行などを行うことが可能です。また iOS 版「Suica」アプリも同日よりアプリバージョン v3.0.0 アップデートが配信され、今までは行うことができなかった iOS「Suica」から Android「モバイル Suica」への移行も可能となすなど、リニューアルが行われています。

Android 版「モバイル Suica」アプリ v6.0.0
  • 複数枚「Suica」の発行
  • 定期券購入経路表示改善
  • これまで WEB 手続きが必要がった「タッチで GO! 新幹線」の利用開始登録がアプリで可能に
  • お知らせ機能の充実
  • 「モバイル PASMO」との使い分け
iOS 版「Suica」アプリ v3.0.0
  • Android 版「モバイル Suica」への移行
  • 定期券購入経路表示改善
  • これまで WEB 手続きが必要がった「タッチで GO! 新幹線」の利用開始登録がアプリで可能に
  • お知らせ機能の充実

Android 版「モバイル Suica」アプリではこれまで、株式会社パスモが提供する関東の私鉄を中心に提供している交通系電子マネー「PASMO」のスマートフォン版サービス「モバイル PASMO」との使い分けは、「Pixel 5」などの一部の機種でしか利用することができなかったのですが、同時にリニューアルされた「おサイフケータイ」アプリとの連携が可能となり、これまで未対応だった機種でも「モバイル Suica」と「モバイル PASMO」の使い分けができるようになります。

「モバイル Suica」と「モバイル PASMO」の切り替えは、「おサイフケータイ」アプリから行う仕様となります。ちなみに「モバイル Suica」と「モバイル PASMO」の使い分けは、あくまでもメインで利用するサービスを切り替える仕様で、同時に利用できるわけではありません。ご注意ください。

このほか、2020 年 5 月より「モバイル Suica」との連携が解禁されている楽天のモバイル向けバーコードキャッシュレス決済サービス「楽天ペイ」、「Suica」系モバイルサービスのリニューアルに合わせてアップデートが配信されています。

アプリリンク

Android
iOS
Price: Free

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください