Article headline Speakable markup example
Sony Cyber-Shot DSC-QX100

Sonyレンズスタイルカメラ「DSC-QX100」などをWEBカメラ化するアプリが公開

  • Sony レンズスタイルカメラ「DSC-QX10」「DSC-QX100」「DSC-QX30」「ILCE-QX1」を WEB カメラ化する PC 向けアプリが公開
  • ただし Sony 非公式で無保証
  • ビデオ会議などで利用する場合は別途有線 LAN などのネット接続が必須

2013 年に発売された、Sony 製レンズスタイルカメラ Cyber-Shot「DSC-QX10」「DSC-QX100」、そしてその翌年 2014 年に発売された後継機種「DSC-QX30」「ILCE-QX1」。

あの頃は良かったですよね。

そんな Sony 製レンズスタイルカメラ Cyber-Shot「DSC-QX10」「DSC-QX100」「DSC-QX30」「ILCE-QX1」を、なんと WEB カメラ化する PC 向けアプリ「QXwebcam」が公開されました。とはいえ Sony 公式に公開したわけではなく、界隈では有名な MIRO(@MobileHackerz)さんによる個人作成アプリです。

「QXwebcam」は一応、Sony が公開している開発者向けキット Software Development Kit(SDK)を元に作成された PC 向けアプリです。動作に関しては無保証となるので、その点はご注意ください。

「MobileHackerz 再起動日記」から転載

「QXwebcam」の使い方は簡単で、まずは MIRO さんのブログ記事から ZIP フィアル(QXwebcam001.zip)をダウンロードして解凍し、[Install]フォルダ内の[Install_QXwebcam.bat]を実行して[仮想 Web カメラ]を PC にインストールします。

次に、[仮想 Web カメラ]が PC にインストールされた状態でレンズスタイルカメラの電源を入れた状態にしつつ、[QXwebcam.exe]を実行します。すると PC の Wi-Fi 一覧から SSID  “QX ~” のものに自動接続され、カメラで撮影している映像が PC に映し出されます。

「QXwebcam」手順
  1. ZIP フィアル(QXwebcam001.zip)をダウンロードし解凍
  2. [Install]フォルダ内の[Install_QXwebcam.bat]を実行し[仮想 Web カメラ]をインストール
  3. レンズスタイルカメラの電源を入れた状態で[QXwebcam.exe]を実行

たったこれだけです。

ただし注意点としては、PC の Wi-Fi を使ってレンズスタイルカメラに接続するため、別途有線 LAN 接続などを用いないとインターネット接続を行うことができなくなります。ビデオ会議などで使う場合は、その点特に注意が必要です。

ちなみに私も「DSC-QX10」「DSC-QX100」を持ってはいるものの、倉庫の奥底に眠ってしまっているために、まだ「QXwebcam」は未検証です。そもそも無保証アプリということおもあるので、利用される場合はあくまでも自己責任となりますので、ご理解ください。

Source:MobileHackerz

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。