Article headline Speakable markup example
Rakuten UN-LIMIT VI

リニューアル!「my 楽天モバイル」仕様変更へ

  • 「my 楽天モバイル」のデザインと仕様変更へ
  • 2021 年 4 月 1 日の新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」提供に合わせて
  • 1 ページ内で各利用状況を確認可能に

楽天は 2021 年 3 月 29 日、2021 年 4 月 1 日 0 時より提供を開始する新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」に合わせて、「楽天モバイル」ユーザー専用ページとアプリ「my 楽天モバイル」のデザインと仕様を変更すると発表しました。

デザイン / 仕様が変更される「my 楽天モバイル」では、これまでタブで別れていた国内利用時の[国内]と海外ローミング利用時の[海外]が 1 ページ内で表示されるようになり、さらにこれまで表示されていたパートナー回線(KDDI)利用時の通信量円グラフが、[月のプラン料金に反映されるデータ通信量]円グラフに置き換わります。

パートナー回線利用時の通信量円グラフは[月のプラン料金に反映されるデータ通信量]円グラフに置き換わりますが、[パートナー回線高速データ]として、[国内][海外]に分かれて棒グラフ表示されるようになるので。これまで通りパートナー回線での利用状況を確認可能です。

左:変更前 / 右:変更後

ちなみに[月のプラン料金に反映されるデータ通信量]の対象となるのは、楽天回線エリアでのデータ利用量、パートナー回線エリア(国内)のデータ利用量、パートナー回線エリア(海外)のデータ利用量の 3 つです。つまり、「楽天モバイル」での全て通信量の合算を確認できるようになります。

[月のプラン料金に反映されるデータ通信量]
  • 楽天回線エリアでのデータ利用量
  • パートナー回線エリア(国内)のデータ利用量
  • パートナー回線エリア(海外)のデータ利用量

新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」では、[月のプラン料金に反映されるデータ通信量]が 1GB 未満の場合、基本料が 0 円となります。なのでデザイン / 仕様が変更される「my 楽天モバイル」では、基本料金発生状況をひと目で確認できるようになるわけですね。

「my 楽天モバイル」アプリのデザイン / 仕様変更は、2021 年 4 月 1 日より順次行われます。

アプリリンク

Android
Price: Free
iOS

Source:楽天モバイル

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください