Google Camera

Pixel「Google カメラ」直下調整機能が実装されていた

  • 「Google カメラ」アプリに直下調整機能が実装されていた【レポート】
  • 真下の被写体を撮影する場合に多少便利な地面に対して水平かどうかを確認できる機能
  • [フレームに関するヒント]設定を OFF にすると非表示に

Google スマートフォン「Pixel 3」「Pixel 3 XL」「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」「Pixel 4」「Pixel 4 XL」「Pixel 4a」「Pixel 4a(5G)」「Pixel 5」にプリインストールされているデフォルトカメラアプリ「Google カメラ」に、いつの間にか直下調整機能が追加されていたのでご紹介させていただきます。

「Google カメラ」アプリには以前より、カメラ撮影時の水平と垂直を角度で表示してくれる水準機能と垂直調整機能が実装されています。当ブログでもご紹介させていただいているので、ご存じの方も多いはず。

今回新たに確認した直下調整機能は、真下の被写体を撮影する際に地面に対して水平状態かどうかを確認できる機能です。画面上に水平状態点を示す白い[+]アイコンと現在の角度を示す黄色い[+]アイコンの 2 つ表示されるのですが、中央の白い[+]アイコンに黄色い[+]アイコンを合わせることで、地面に対して水平状態となります。

水平状態点を示す白い[+]アイコンと現在の角度を示す黄色い[+]アイコン
[+]アイコンが重なることで地面に対して水平

今回新たに確認した「Google カメラ」アプリの直下調整機能、水準機能や垂直調整機能と比べるとそこまで実用的ではないかもしれませんが、真下の被写体をキレイに撮るにはちょっと便利かも。是非参考にしてみてください。

ちなみに「Google カメラ」アプリの水準機能、垂直調整機能、直下調整機能は、「Google カメラ」アプリ設定内にある[フレームに関するヒント]のスイッチを OFF にすることで表示されなくなります。

「Google カメラ」アプリの[フレームに関するヒント]設定

アプリリンク

「Google カメラ」
Price: Free

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください