Article headline Speakable markup example
CASIO G-SQUAD PRO GSW-H1000

いきなり特価!G-SHOCK初Wear OS「G-SQUAD PRO」ビックカメラで予約開始

  • カシオの「G-SHOCK」ブランド初 Wear OS「G-SQUAD PRO(GSW-H1000)」
  • “ブラック × ブルー” “ブラック” “レッド” の 3 色展開で本体公式価格税込み 88,000 円
  • ビックカメラが 10% 引き & 10% ポイント還元のいきなり特価で予約開始(2021 年 5 月 15 日発売予定)

カシオが 2021 年 4 月 1 日に公式発表し、2021 年 4 月 23 日にカシオ公式「CASIO オンラインストア」で予約が開始された、カシオの腕時計ブランド「G-SHOCK」初となる Google ウェアラブルオペレーティングシステム Wear OS 搭載「G-SQUAD PRO(GSW-H1000)」が、国内大手家電量販店ビックカメラでも予約が開始されました。

「G-SQUAD PRO(GSW-H1000)」の本体公式価格は税込み 88,000 円なのですが、ビックカメラではなんと、10%(8,800 円)引きの税込み 79,200 円で、さらに 10% ポイント(7,920pt)還元付きとなっています。

実質約 71,500 円程度で購入することが可能。いきなり特価です。

「G-SQUAD PRO(GSW-H1000)」ビックカメラでいきなり特価!

とはいえ、「G-SQUAD PRO(GSW-H1000)」の発売予定日は、2021 年 5 月 15 日。発売までに価格が変動する可能性もあるので、ご注意ください。

「G-SQUAD PRO(GSW-H1000)」

「G-SQUAD PRO(GSW-H1000)」

カシオ製「G-SQUAD PRO(GSW-H1000)」は、耐衝撃性だけでなくなんと 20 気圧防水まで対応する、「G-SHOCK」ブランド初の Wear OS ウォッチです。

20 気圧防水はディスプレイガラスに厚みを持たせることで対応していますが、タッチ操作性を損なわない仕様。また本体裏蓋には表面にチタンカーバイトコーティング処理が施されで、耐摩耗性も考慮されています。バンドは、装着感を高めるソフトウレタンバンド採用で、「G-SHOCK」ならではタフネスさと柔軟性を兼ね備えています。

本体には光学式心拍センサー、方位センサー、高度 / 気圧センサー、加速度センサージャイロセンサー、そして GPS を搭載。もちろんマイク搭載で、[OK Google]による「Google アシスタント」起動も可能です。側面には電源ボタン、APP ボタン、START ボタンの 3 つの物理ボタンを搭載します。

さらに「G-SQUAD PRO」に搭載される 1.2 インチディスプレイは、通常の Wear OS の各情報を表示するカラー TFT 液晶(360 × 360)と、時計などの常時省電力表示に適したモノクロ液晶の二層構造ディスプレイを採用。デジタル時計やアナログ時計表示など、ユーザーの好みに合わせてカスタマイズすることができます。

二層構造ディスプレイ採用

またカシオオリジナルアプリにクイックアクセスできる専用メニュー[CASIO’s APPS]も搭載し、スワイプによるアプリ起動などの直感的操作が可能です。

このほか「G-SQUAD PRO」は、フィットネスアクティビティの履歴や分析、進捗確認などのトレーニングに役立つ様々な各フィットネスログをアプリ上で簡単に管理できるスマートフォンの専用アプリ「G-SHOCK MOVE」とも連携可能。新機能として、フィットネスアクティビティ中に撮影した動画や静止画とフィットネスログを重ねたビジュアルを作成し、SNS などに共有できる[センサーオーバーレイ]も提供されます。

「G-SHOCK MOVE」新機能[センサーオーバーレイ]

「G-SQUAD PRO」は別売りのランニング用モーションセンサー「CMT-S20R-AS」とも連携可能で、「CMT-S20R-AS」を装着してランニングした場合に取得されるランニングデータをスマートフォン専用アプリ「Runmetrix」の送信し、ランニングフォームのチェックを行うこともできます。

「CMT-S20R-AS」と連携可能

「G-SQUAD PRO」のカラーバリエーションは “ブラック × ブルー(GSW-H1000-1)” “ブラック(GSW-H1000-1A)” “レッド(GSW-H1000-1A4)” の 3 色展開で、本体価格は税込み 88,000 円。

ちなみに「G-SQUAD PRO」、プロセッサやメモリなどについてはいつものごとく非公開ですが、カラー表示で最大 1.5 日の運用が可能となっているため、おそらく「Snapdragon Wear 4100」を搭載していると予想されます。

ブラック × ブルー(GSW-H1000-1)
ブラック(GSW-H1000-1A)
レッド(GSW-H1000-1A4)

ビックカメラ 商品ページリンク

「G-SQUAD PRO」“ブラック × ブルー(GSW-H1000-1)”
G-SHOCK(Gショック)スポーツライン G-SQUAD PRO(Gスクワッドプロ)GPS機能+マルチセンサー搭載モデル GSW-H1000-1JR
「G-SQUAD PRO」“ブラック(GSW-H1000-1A)”
G-SHOCK(Gショック)スポーツライン G-SQUAD PRO(Gスクワッドプロ)GPS機能+マルチセンサー搭載モデル GSW-H1000-1AJR
「G-SQUAD PRO」“レッド(GSW-H1000-1A4)”
G-SHOCK(Gショック)スポーツライン G-SQUAD PRO(Gスクワッドプロ)GPS機能+マルチセンサー搭載モデル GSW-H1000-1A4JR

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。