Article headline Speakable markup example
Google Assistant

「Google アシスタント」ファミリーベルが日本語対応へ

  • 「Google アシスタント」のチャイム機能[ファミリーベル]が日本語対応へ
  • Google スマートスピーカーやスマートディスプレイでチャイムを鳴らす機能
  • [ブロードキャスト]の拡張機能[ファミリーブロードキャスト]も提供へ

Google は 2021 年 5 月 6 日、スマートアシスタントサービス「Google アシスタント」に提供する新機能などを発表しました。

今回 Google から発表された「Google アシスタント」関連の新機能は、2020 年 8 月から米国で提供されている[ファミリーベル]の日本語対応と、[ブロードキャスト]の拡張機能[ファミリーブロードキャスト]です。

[ファミリーベル]が日本語サポート

[ファミリーベル]

まず[ファミリーベル]は、時間を指定して学校のチャイムのようなベル音を Google スマートスピーカーや Google スマートディスプレイから鳴らすことができる機能です。例えば子供のオンライン授業の始業や終業などを合図したりなどで活用できます。

[ファミリーベル]はこれまで英語のみで提供されてきましたが、今後数週間以内に日本語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、ヒンディー語、イタリア語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語の 9 つの言語でも利用できるようになります。

また[ファミリーベル]はこれでま、1 つの Google スマートスピーカーもしくは Google スマートディスプレイからチャイムを鳴らす機能だったのですが、今後は複数の Google スマートスピーカーや Google スマートディスプレイからチャイムを鳴らすことができるようになります。

ちなみに[ファミリーベル]はスマートライトなどのスマートホームデバイスとも連携し、チャイムと同時にスマートライトを ON / OFF したり、スマートライトの色を変えたりなども行うことが可能です。

[ファミリーブロードキャスト]

[ファミリーブロードキャスト]

「Google アシスタント」の[ブロードキャスト]は、Google スマートスピーカーや Google スマートディスプレイに “OK Google、ブロードキャスト” “ご飯できたよ” などと言うことで、同じホームネットワークに接続している Google スマートスピーカーや Google スマートディスプレイから “ご飯できたよ” という録音メッセージが流れる呼び出し機能です。

ちなみに[ブロードキャスト]は日本語でも利用可能。

そしてこの[ブロードキャスト]の拡張機能となる[ファミリーブロードキャスト]が、新たに提供されます。

[ファミリーブロードキャスト]は、Google ファイミリーグループのメンバーとして登録しているユーザーの Android や iPhone にも録音メッセージが送信される点が特徴。これまでの[ブロードキャスト]では Google スマートスピーカーや Google スマートディスプレイに向けての録音メッセージ送信のみだったのですが、[ファミリーブロードキャスト]では外出中の家族にも[ブロードキャスト]録音メッセージを一斉送信することができるようになります。

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

Jetstream BLOG をフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。