Article headline Speakable markup example
Call Screening

なんと!Pixel「Call Screening」が日本解禁

  • なんと Pixel「Call Screening」が日本解禁
  • 日本では「通話スクリーニング」として提供
  • 不明な電話番号から着信があった場合に「Google アシスタント」が発信者情報と要件を聞いてくれる機能

Google は 2021 年 6 月 7 日に、Google Pixel スマートフォンに提供される新機能「Feature Drop」の最新版を発表しましたが、そこでなんと、米国で提供されている Google スマートアシスタント「Google アシスタント」のスマート着信応答機能「Call Screening」の日本解禁が発表されました。

「Call Screening」、日本では「通話スクリーニング」として提供されます。また米国では着信があった場合に自動で「Google アシスタント」が着信に応答して発信者情報と要件を聞いてくれる仕様ですが、日本で解禁される「通話スクリーニング」では、着信があった場合に画面上に表示される[着信をスクリーニング]をタッチすることで発動する、手動仕様の「手動通話スクリーニング」となります。

「通話スクリーニング」

「通話スクリーニング」は、連絡先に登録されていない電話番号や番号非通知、番号表示不可などの不明な電話から着信があった場合や、連絡先に登録されている相手からの着信でも電車内や車運転中などで着信に応答できない場合などに、「Google アシスタント」が発信者情報と要件をユーザーの代わりに聞いてくれるスマート着信応答機能です。

「通話スクリーニング」中の発信者の音声応答内容はリアルタイムに文字変換され、画面上に表示されます。そしてその内容を確認しつつ、電話に出るか、このまま電話を切るかを選択することができます。また、「通話スクリーニング」中の音声を録音して保存することも可能です。

ちなみに「通話スクリーニング」発動時はユーザーが電話応答していないとはいえ、代わりに「Google アシスタント」が応答しているため、「通話スクリーニング」発動時点からの通常通話料が発生します。ご注意ください。

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

Jetstream BLOG をフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。