Article headline Speakable markup example
Google Photos

iOS「Google フォト」に新動画エディタ提供へ

  • iOS 版「Google フォト」アプリに新動画エディタ提供へ
  • Android 「Google フォト」アプリには 2021 年 3 月末に提供開始された機能
  • [動画]のほか[切り抜き][調整][フィルタ][マークアップ]などの新ツールタブを実装

Google は 2021 年 6 月 9 日、オンラインフォトライブラリサービス「Google フォト」の Android 版には 2021 年 3 月末に提供開始した新しい動画エディタを、iOS 版「Google フォト」アプリも提供すると、海外の「Google フォト」公式フォーラムページで発表しました。

iOS 版「Google フォト」アプリの新動画エディタは、すでに提供が開始されていますが、海外から順次展開となるため、現時点ではまだごく一部のデバイスでしか利用することはできません。日本展開もそのうちされるので、気長に待ちましょう。

iOS 版「Google フォト」アプリに提供される新動画エディタは、簡易手ブレ補正や[フレーム画像のエクスポート]を行うことができる[動画]、動画の切り抜きを行うことができる[切り抜き]、明るさやホワイトバランスを修正できる[調整]、様々なフィルタを適用できる[フィルタ]、そして動画に手書き文字を挿入できる[マークアップ]などの新ツールが提供され、UI 自体が刷新されます。

また「Google フォト」アプリの新動画エディタは写真エディタと同じく、動画に映る景色などから最適な明るさやコントラストなどを機械学習を用いてオススメしてくれる[提案]なども利用可能。[提案]では、ポートレート動画や風景動画など、より美しく際立たせる動画にワンタッチで切り替えられるほか、適用された[提案]の変更内容を確認しつつ、マニュアルで微調整することなども可能です。

ちなみに「Google フォト」アプリの動画エディタは 2020 年秋当初、iOS 版「Google フォト」アプリの方が機能が充実していたのですが、その後半年程度で Android 版「Google フォト」アプリに現在の機械学習を利用した新しい動画エディタが展開され、実用性や利便性が逆転した経緯があります。

今回 iOS 版「Google フォト」アプリにも Android 版「Google フォト」アプリと同じ新動画エディタが提供されるということで、実用性や利便性が並びます。それでも「Google フォト」アプリは Android 版と iOS 版で、細かい部分での違いがいろいろありますけどね。

アプリリンク

Android
Price: Free
iOS
Price: Free+

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください