Article headline Speakable markup example
Google Pixel

Pixel「天体タイムラプス」夜空を撮影してみた

  • 2021 年 6 月 16 日に国内解禁された Google Pixel スマートフォン新機能「天体タイムラプス」を使って夜空を撮影してみた
  • 基本的には「天体写真」撮影モードと同じ要領で撮影
  • 約 3 分間に連続撮影された静止画を 1 秒に圧縮した動画(MP4)が出来上がる

2021 年 6 月 7 日に Google が発表した、Google Pixel スマートフォンに提供される新機能「Feature Drop」の最新版の中で特に注目度の高い、デフォルトカメラアプリ「Google カメラ」の新しい天体撮影機能「天体タイムラプス」。

その「Google カメラ」の「天体タイムラプス」が、2021 年 6 月 16 日未明についに国内解禁されました。ということで、早速「天体タイムラプス」を試してみました。

「天体タイムラプス」

「Google カメラ」アプリの新しい「天体タイムラプス」撮影機能は、「Google カメラ」アプリに元からある「天体写真」撮影モードと同じ要領で夜空を撮影することで、静止画だけでなくタイムラプス動画まで撮影できるハイブリッド夜景撮影機能です。

実際に「天体タイムラプス」を利用するには、「Google カメラ」アプリの暗所特化撮影機能「夜景モード」に切り替えた状態で、三脚などに Google Pixel スマートフォンを固定してリアカメラを夜空に向けたまま数秒待機します。

「天体タイムラプス」は必ず三脚などに固定して撮影する

するとシャッターボタンが天体アイコンに切り替わり「天体写真」撮影モードとなるので、その状態でシャッターを押して、画面上のカウントダウンに従ってそのまま 3 分前後待つことで、天体の静止画だけでなくタイムラプス動画も同時に撮影されます。

「天体写真」撮影モードに切り替わったらシャッターを押して待機

ちなみに、「Google カメラ」アプリの「天体写真」および「天体タイムラプス」は、手持ち状態では 100% に近い確率で撮影に失敗します。ご注意ください。

実際に撮れたのがこれ

静止画

私は、手持ちの国内版「Pixel 4a(5G)」で「天体タイムラプス」撮影を行ってみました。

そして実際に撮れたのがこれ。残念ながら雲が多く星の見えない残念な夜空だったのですが、壮大な雲の動きと波の動きが再現されました。

実際に撮影した沖縄北部(宜野座村)の夜空 & 夜の海は相当真っ暗な状態だったのですが、そこは夜景撮影に特化している国内版「Pixel 4a(5G)」ということで、まるで都会の夜空です。

ちなみに「天体タイムラプス」では、約 3 分の間に連続撮影された静止画が、圧縮された 1 秒に動画(MP4)となります。

また「天体タイムラプス」では静止画と1 秒動画が同時に撮影されるため、「Google フォト」などのカメラロールには、静止画と1 秒動画がそれぞれ保存されます。

静止画と1 秒動画が同時に保存

まとめ

「Google カメラ」アプリの新しい天体撮影機能「天体タイムラプス」、壮大な夜空を手軽に撮影できる素晴らしい機能です。

今回は取り急ぎのお試し「天体タイムラプス」ということで、あいにくの曇り夜空をお送りしてしまいましたが、次回は是非、満天の星空を撮影してみたいと思います。

沖縄はもうすぐ梅雨も明けるし、楽しみですね。

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください