Article headline Speakable markup example
Pixel

実はPixel 3以降にバッテリー80%充電停止機能実装

  • 実は「Pixel 3」以降(& Android 11 以降)に特定の条件下でバッテリー充電が 80% で停止する機能[電池の状態を最適化]実装
  • バッテリーの寿命を長持ちさせる機能
  • ゲームアプリ利用などバッテリー消耗が激しい状態での充電が継続される場合などで発動

Google Pixel スマートフォン「Pixel 3」以降で「Android 11」を搭載する機種に、実は特定の条件下でバッテリー充電が 80% で停止する機能実装[電池の状態を最適化]が実装されているのをご存じでしょうか。

この[電池の状態を最適化]は、バッテリーの寿命を延ばすためのセーフティ機能で、特定の条件を満たすと自動的に適用され、Google Pixel スマートフォンを充電しようとしても最大 80% までしか充電されず、その状態のままとなります。

私も以前、手持ちの「Pixel 4a(5G)」にて、バッテリー 80% で充電が止まったことがあり、何らかのバグかと思っていたことがあるのですが、調べてみたら実は違い、Google 公式に提供している機能だったということがわかりました。

[電池の状態を最適化]が発動する条件は、以下の 2 つです。

[電池の状態を最適化]が発動する条件
  • ゲームアプリ利用などバッテリー消耗が激しい状態で充電が継続
  • 4 日以上充電が継続

[電池の状態を最適化]が発動すると、Google Pixel スマートフォンを充電しようとしても最大 80% までしか充電されなくなり、スリープ画面に[電池の状態を最適化]という表示が現れます。ただしこの[電池の状態を最適化]は一時的な機能となるため、バッテリーへの負担が軽減されたことが検知されると自動で機能が OFF になり、100% まで充電できるようになります。

ただし、以下の手順で操作を行うことで、[電池の状態を最適化]を強制的に OFF にすることができます。

[電池の状態を最適化]強制 OFF 手順
  1. 充電器から取り外す
  2. Google Pixel スマートフォンを再起動するか 10 分ほど放置する
  3. すると[電池の状態を最適化]表示が消える

ということで、もしバッテリー充電中に最大 80% までしか充電できなくなり[電池の状態を最適化]が表示された場合は、Google Pixel スマートフォンに負荷を掛けすぎていると認識して、利用を制限したほうがいいでしょう。長く利用するためにも、[電池の状態を最適化]の内容を覚えておいてくださいね。

ちなみにですが、現状は[電池の状態を最適化]を強制的に ON にするような設定は用意されていません。そのため[電池の状態を最適化]が発動する以前に、常日頃から過充電を行わないなど、ユーザー自身のバッテリー寿命を意識した使用が望まれます。

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

Jetstream BLOG をフォロー

「実はPixel 3以降にバッテリー80%充電停止機能実装」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください