Article headline Speakable markup example
Ishigaki Makuake

「オンライン石垣島フェア」出展説明セミナーに参加してきた

こんにちは、「Jetstream BLOG」管理人兼ライターの 石井順 です。

2021 年 7 月 14 日 ~ 17 日の間、沖縄県の離島「石垣島」に行きました。その理由は、2021 年 11 月下旬からオンライン開催される石垣市「オンライン石垣島フェア」出展説明セミナーに参加するため。

あとは、石垣在住で当ブログの不定期ライター & 個人ブログ「石垣島 PR 情報局」を運営している與儀(よぎ)くんに会うため、そして、Google Pixel スマートフォンの「Google カメラ」アプリ新機能「天体タイムラプス」を、石垣島の星空で試すためです。石垣島の星空は本当にすごかった。

「オンライン石垣島フェア」

そもそも「オンライン石垣島フェア」とは、沖縄県石垣市(商工復興課)と現地の石垣市商工会が主体となりクラウンドファンディングサイト「Makuake」上で行われる、地域復興フェアです。

「オンライン石垣島フェア」開催予定期間は 2021 年 11 月下旬から 2021 年 1 月で、その期間は石垣島の物産や旬の農林水産物などの特産品はもちろん、石垣島の宿泊プランや体験ツアーなど、「オンライン石垣島フェア」でしか手に入らない特別な物産品や予約できない貴重な商品が並びます。

また、通常はクラウドファンディングへの出展は事業者などの発案者が自身で行うか独自で外部に委託する流れとなるところを、「オンライン石垣島フェア」ではフォトグラファーやビデオグラファー、ライターなどのクリエイターの参加も同時に募る点が特徴。つまり「オンライン石垣島フェア」は、クラウドファンディング出展事業者とクリエイターのマッチングまで行うという、石垣島事業者とクリエイターの共同、協業、そして共創制作を狙った地域復興フェアとなっているわけですね。

私自身は、もちろんクリエイターとして参加予定。そのために「オンライン石垣島フェア」出展説明セミナーに参加してきました。事前に PCR 検査も受けて、準備万端。

陰性証明提出でもらえる「あんしん島旅プレミアムパスポート」

「オンライン石垣島フェア」出展説明セミナー

「オンライン石垣島フェア」出展説明セミナー会場

私が参加した「オンライン石垣島フェア」出展説明セミナーは、クリエイター向けのセミナーということで、もともとフォトグラファーで現在は事業者向けクラウドファンディング企画提案事業を行う「AONI(あおに)」の代表、奈良県在住の堀川雄一さんが講師として、1 時間半もの講義を行ってくれました。

実際の内容は守秘義務などもあるのであまり詳しく書くことはできませんが、“How-to クラウドファンディング” というよりも、魅力のあるコンテンツをどのように制作するか、という部分にフィーチャーした内容で、長年ブログを運営している私の理念にも通じる部分があり、とても共感できる内容でしたね。

「When(いつ)」「Where(どこで)」「Who(だれが)」「What(何を)」「Why(なぜ)」「How(どのように)」の、“5W1H を意識したコンテンツ造り”という話などもされていたのですが、この部分は私がブログ記事を作成する上で、特に意識している部分です。

正直、セミナーに参加する前の私は、“興味本位で與儀くんに連れられて参加する”、程度のモチベーションだったのですが、堀川雄一さんによる講義終了後は、“石垣島のために何か自分にできることはないか?” と模索し始めていましたよ。

「オンライン石垣島フェア」自体は 2021 年 11 月下旬からの開催ですが、2021 年 9 月からは各事業者によるクラウドファンディングコンテンツ制作も開始されます。あわよくば私も参加したい。参加させてください。

まとめ

石垣島では 2021 年 11 月下旬より、クラウンドファンディングサイト「Makuake」上で、「オンライン石垣島フェア」が開催されます。

「オンライン石垣島フェア」は単に現地の事業者が出展するというだけのオンラインイベントではなく、クリエイターとのマッチングも兼ねた共創制作プロジェクトです。これが成功すれば、ほかの自治体に波及していく可能性も。

私も一人のクリエイターとして、そして新たな挑戦も兼ねて、「オンライン石垣島フェア」に参加できれば良いなぁ、なんて考えています。どうなることやら。乞うご期待!

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

Jetstream BLOG をフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください