Article headline Speakable markup example
Black Shark 4

遅延!国内版「Black Shark 4」8月発送開始

  • 現在予約受付中の次世代通信規格「5G」対応ゲーミングスマートフォン「Black Shark 4」は 2021 年 8 月より発送開始
  • 当初は 2021 年 7 月中旬発売予定とされていた製品
  • ビックカメラとヨドバシカメラ(EC / 実店舗)でも発売へ

中国スマートフォンメーカー Black Shark の日本法人 ブラックシャーク科技ジャパンは 2021 年 7 月 28 日、当初 2021 年 7 月中発売とし予約も開始している最新ゲーミングスマートフォン国内 SIM フリー「Black Shark 4」を、2021 年 8 月より発送を開始すると発表しました。

事実上の遅延です。

国内版「Black Shark 4」は今回、8GB RAM + 128GB 内部ストレージ搭載モデルと、12GB RAM + 256GB 内部ストレージ搭載モデルの 2 モデル展開で、カラーは “Black / Gray” のツートンカラー 1 色展開となります。価格は順に、税込み 59,800 円 / 72,000 円です。現在は、IoT 機器の輸入販売などを行うビーラボの EC サイト Glimpse(本店 / ヤフー店 / 楽天市場店 / アマゾン店)で予約が行われています。

また 2021 年 8 月からは、国内大手家電量販店ビックカメラやヨドバシカメラでも発売予定。それぞれの EC サイト(ビックカメラ.com / ヨドバシ.com)はもちろん、ビックカメラ 有楽町店、ビックロ ビックカメラ新宿東口店、ヨドバシカメラ マルチメディア Akiba、ヨドバシカメラ マルチメディア梅田の実店舗でも販売されます。

「Black Shark 4」

「Black Shark 4」

「Black Shark 4」は、2020 年 10 月に国内発売された、Black Shark 製ゲーミングスマートフォン第 3 弾「Black Shark 3」の後継機種です。

「Black Shark 4」は前作「Black Shark 3」同様に次世代通信規格「5G(Sub6)」と Wi-Fi 6(802.11ax)に対応しますが、内部コンポーネントを挟む新設計のサンドイッチ液体冷却ユニットで放熱力 30% 増加を実現していたり、ディスプレイリフレッシュレートが前作の 90Hz から一気に 144Hz に向上するなど、スペックだけでなく機能面も大幅な進化を遂げています。

さらに、これまでのシリーズで対応してこなかった防水性能も、水滴から本体を守る IPx2 規格で新対応。

Snapdragon 870 5G プロセッサ搭載

「Black Shark 4」の主要スペックは、リフレッシュレート 144Hz の 6.67 インチ(2,400 × 1,080)フル HD+ Samsung E4 AMOLED ディスプレイ、Snapdragon 870 5G プロセッサ、8 / 12 GB RAM LPDDR5、128 / 256 GB UFS 3.1 内部ストレージ、Quick Charge 4.0 / 120W 急速充電対応 4,500mAh バッテリー、Android 11 ベースのJOYUI 12.5 を搭載。

ディスプレイは、タッチサンプリングレート 720Hz で繊細なタッチ操作をサポートするほか、今作では画面上部中央にパンチホール仕様のフロントカメラを搭載します。ただし「Black Shark 2」「Black Shark 3」とディスプレイに内蔵されてきた指紋センサーは、「Black Shark 4」では本体側面の電源ボタン内蔵式指紋センサーに変更されています。

リアカメラは、IMX582 センサー採用 4,800 万画素(F/1.79、0.8um)メインカメラ + IMX355 センサー採用 1,300 万画素(F/2.2、1.12µm)超広角カメラ + 500 万画素(F/2.4、1.12µm)マクロカメラのトリプルカメラ仕様。フロントカメラはパンチホール仕様の 2,000 万画素(F/2.45)シングルカメラ搭載です。

Black Shark シリーズといえばゲーム特化モード「Shark Space」ですが、「Black Shark 4」では、ゲーム中の隠れた敵を見つけやすくする画面の色反転モード「ハンティングモード」や、神シーンを 30 秒遡って録画する「シャークタイム」などを搭載した最新バージョン「Shark Space 4.0」を搭載。

ちなみに「Black Shark 4」は、前作「Black Shark 3」の重量 222g から 210g に多少軽量化されるなど、細かな部分でも進化を遂げています。

このほか「Black Shark 4」は前作「Black Shark 3」同様に nano SIM × 2 のデュアル SIM 対応ですが、「5G」を利用する場合はシングル SIM 状態でないと利用できない仕様は、前作から変更ありません。

国内版「Black Shark 4」は、8GB RAM + 128GB 内部ストレージ搭載モデルと、12GB RAM + 256GB 内部ストレージ搭載モデルの 2 モデル展開で、カラーは “Black / Gray” のツートンカラー 1 色展開となります。そして価格は、順に税込み 59,800 円 / 72,000 円。

主要スペック

OS
JOYUI 12.5(Android 11 ベース)
サイズ
163.83 × 76.35 × 10.3 mm
重量
210g
ディスプレイ
6.67 インチ(2,400 × 1,080)フル HD+、Samsung E4 AMOLED、リフレッシュレート 144Hz
プロセッサ
Snapdragon 870 5G
RAM
8 / 12 GB
内部ストレージ
128 / 256 GB
リアカメラ
4,800 万画素(F/1.79、0.8um、IMX582)メイン+ 1,300 万画素(F/2.2、1.12µm、IMX355)超広角 + 500 万画素(F/2.4、1.12µm)マクロ
フロントカメラ
2,000 万画素(F/2.45)、パンチホール仕様
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n / ac / ax
Bluetooth
5.2
バッテリー
4,500mAh、Quick Charge 4.0 / 120W 急速充電
その他
USB Type-C、指紋センサー、デュアル SIM(nano SIM × 2)、IPX2 防水
カラー
Black / Gray
モバイルネットワーク
  • 2G:GSM クアッドバンド
  • 3G:WCDMA B1 / 6 / 9 / 19
  • 4G
    • FDD-LTE B1 / 3 / 5 / 8 / 18 / 19 / 26 / 28
    • TD-LTE B34 / 38 / 39 / 41
  • 5G:n1 / n3 / n8 / n28 / n41 / n77 / n78

Source:Glimpse

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

Jetstream BLOG をフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください