Article headline Speakable markup example
Baka

「マイネ王」における無断転載【その後】

  • オプテージ MVNO「mineo」運営のファンサイト & 掲示板「マイネ王」で当ブログ記事が無断転載された件
  • 「マイネ王」運営事務局並びに当該ユーザー本人が無断転載を認めました
  • ただ当該ユーザーは根本を理解していなさそう(同じことを繰り返しそう)

皆様こんにちは、当ブログ「Jetstream BLOG」管理人兼ライターの 石井順 です。

先日、オプテージが提供する MVNO「mineo」運営のファンサイト「マイネ王」の掲示板上で、「よっちおじさん」というユーザーによって当ブログ記事が無断転載されていたことを告発記事として公開させていただきました。

今回の記事は、その後のお話です。

無断転載が認められました

結論から申し上げますと、「マイネ王」は無断転載を認め、該当スレッドの削除や当該ユーザーへの注意喚起などの対応を即日行っていただくことができました。

当該ユーザーのアカウント削除とまではいかなかったようですけどね。

以下、「マイネ王」運営事務局から送られてきたメールの内容です。ちなみに、無断転載を発見し告発記事を書いた後、「マイネ王」の問い合わせフォームから無断転載の告発記事の URL と共に申告をしてはいました。

つまり、その申告に対する「マイネ王」運営事務局からの返答となります。

拝復 貴サイトの無断転載につきまして【マイネ王運営事務局】

この度はご連絡をいただき、誠にありがとうございます。

また、貴サイトの記事、Twitterを拝見し、本サイトで確認させていただきました。

仰る通り、無断転載が認められました為、該当ユーザーにはjetstream.bzご担当者様から申告があった旨を含め、

下記の注意喚起を行いました。

・マイネ王では著作権を侵害する行為全てを禁止している事

・投稿したスレッド全てに対し、転載・引用した記事は情報元を記載。その際に必ず転載、引用した旨を記載すること。

・投稿したスレッド全てに対し、転載・引用禁止が元サイトに明記されている場合は全て削除。

すでに他のユーザー様からご指摘があり、内容を改変しておりますが、今後また無断転載、著作権をおびやかす行為があった場合は、

更なる厳格な対応を検討いたします。

この度は、誠に申し訳ございませんでした。

マイネ王では著作権、知的財産権を侵害行為をすべてを禁止としているにも関わらず、

この様な事態が起こってしまいました事、また、運営事務局の気づきが遅れました事、重ねて深くお詫び申し上げます。

私の申告が認められたことに対しては、正直にそこまでなんとも思いません。“でしょうね。” くらいのモチベーションです。

仮に申告が認められなかったとしても、まずは弁護士経由で内容証明を送るなどの手段も考えていましたし、そうなればさらに面白くなるな、とも思っていたので。私、性格悪いんです。

当該ユーザーから直接謝罪もいただきました

私が無断転載を発見したとき、「マイネ王」掲示板の当該スレッドへの直接の書き込みや当該ユーザーに直接連絡などは取っていなかったのですが、当ブログの問い合わせフォームや公開しているメールアドレス経由で、当該ユーザーから直接謝罪もいただきました。

おそらく、「マイネ王」運営事務局から該当ユーザーに注意喚起していただく中で、当ブログからの申告ということなども伝えられていたのでしょう。

当該ユーザーからの謝罪内容を直接掲載することは避けますが、“私の身勝手な行動からまるごと転載してしまいました。” “ご迷惑をおかけしました。” “心からお詫び申し上げます。” “以後気をつけます。” “詫びることしかできません。” みたいな感じでした。

当該ユーザー、別ユーザーからの無断転載に対する指摘に対して、当初はしらばっくれていたんですけどね。しっかりと自らまるごと転載(無断転載)を認めてくれました。

別ユーザーからの指摘
当初はしらばっくれていた当該ユーザー

ちなみに上記画像の掲示板コメントや別ユーザーからのコメントについては、すでに当該ユーザーによって削除され、以下のコメントが投稿されています。

別ユーザーからの無断転載の指摘を消した当該ユーザー

消される前の証拠も残っていますし、そもそも本人からの直接の謝罪で無断転載を認めているので、相手のタップによりそこで試合終了。当該ユーザーからの直接の謝罪メールに対して、私は以下のように返答しています。

当該ユーザーからの謝罪に対する返答

勝手な行動なのか、無知が災いしてなのか、悪意があってなのか。

別の方からの指摘に対して、あなたは嘘を並べて逃げようとしたことを、私知っています。マイネ王上やり取りをリアルタイムに見ていたので。

そしてそのやり取りすら、あなたは削除しましたね。

今後は気を付けてくださいね。

まぁ、今回の件、かなり身に染みたとは思いますので二度とやらないとは思いますが。

今後、引用や参考にした情報ソースを明確にした上であれば、転用いただいて構いませんよ。ルールさえ守っていただけるのであれば問題ありません。

やるかやらないかはご自身にお任せいたしますが。

今後ともよろしくお願いいたします。

ただ、根本を理解していなさそう

当該ユーザーは無断転載を認めた後、「マイネ王」の掲示板に自身で【私の勝手な行動からご迷惑をおかけしました】というスレッドを立ち上げています。

私の身勝手な行動から皆様にご迷惑をおかけ致しました

深く反省しております

当該記事は 修正してありますが

今後は十分 気をつけて投稿したいと誓います。

ブログ主さんには不快な思いさせて申し訳ありません。

ただその中で、“お詫びのメールを入れましたが、なかなか許してくれそうにはなさそうです。私が悪いので平に謝るしかないのですが” や、当ブログにおける告発記事公開後に別ユーザーが立ち上げてくれた【無断転載となると良くないですね。】というスレッド上にて、“常に公にさらさるのだと悔やんでおります” “クローズドだと勘違いから公になり後悔することになります” など、当該ユーザー本人による、そもそもの根本を理解していなさそうなコメントも投稿されています。

当該ユーザー本人によるコメント

今回の「マイネ王」における無断転載の件、「マイネ王」運営事務局に迅速にご対応いただいたことや当該ユーザー本人から直接謝罪もいただいたこともあったので、それで終わりにしようとも思ってはいたのですが、、、最後に、以下の忠告をもって締めくくらせていただきます。

当該ユーザーへ

まず、あなたが行った(行っている)行為は、著作物侵害に成り得る犯罪行為です。謝ったり、修正したり削除して “なかったこと” にしたところで許されることではありません。

また、無断転載した場所がオープンな場だったのかクローズな場だったのかも、問題ではありません。無断転載は犯罪行為。行った場所によって犯罪行為が犯罪行為でなくなるなんてことはありません。

今一度伝えますが、まずは、あなたが行った(行っている)行為が、著作物侵害に成り得る犯罪行為だということを認識してください。

あなたが主張していることを例えるならば、警察が駐在していない離島において車などによる人身事故を起こした際に、“謝ってるのに許してもらえない” “警察がいないから逮捕されないと思っていた” “逮捕されて悔しい” と言っているのと同じです。

あなたに足りないのは、根本的な犯罪行為の理解と認識です。今の理解のままでは、おそらく今後、また同じことを繰り返しますよ。

あと、今回は相手が悪かったですね。

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

「「マイネ王」における無断転載【その後】」への4件のフィードバック

    1. おそらくですが、反省しているとすれば、本人にバレてしまったことではないですかね。

      まぁ、相手の気持ちなので詳しくはわからないし察するしかないですが、そもそも相手にそこまで興味はないです。

      今回はある意味イエローカードが出た状態なので、次やったら追放でしょうね。他の場所で同じこと繰り返すとは思いますけど、

      根本を理解していないので。

      1. はい、後は御本人の自浄能力とマイネ王事務局の管理能力に期待するしかなさそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。