Article headline Speakable markup example
Wear OS

計37か国!Wear OS「Google Pay」さらに10か国へ拡大【日本はまだ】

  • Google、Wear OS 版「Google Pay」アプリの提供拡大を正式発表
  • オーストリア、ブルガリア、エストニア、ギリシャ、ハンガリー、リトアニア、ラトビア、ポルトガル、ルーマニア、シンガポールの計 10 か国の国と地域に拡大
  • 2021 年 8 月上旬の 16 か国への提供拡大から早一か月でのさらなる提供拡大(しかし日本は未だに未提供)

Google は 2021 年 9 月 8 日、モバイル決済ソリューション「Google Pay」の Wear OS 版アプリ提供拡大を発表しました。

今回の Wear OS 版「Google Pay」アプリの提供拡大は、2021 年 8 月 11 日に発表された、ベルギー、ブラジル、チリ、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、香港、アイルランド、ニュージーランド、ノルウェー、スロバキア、スウェーデン、台湾、ウクライナ、アラブ首長国連邦を含む計 16 か国の国と地域への提供拡大に引き続く、約一か月でのさらなる提供拡大です。

Wear OS 版「Google Pay」アプリが新たに提供拡大されるのは、オーストリア、ブルガリア、エストニア、ギリシャ、ハンガリー、リトアニア、ラトビア、ポルトガル、ルーマニア、シンガポールの計 10 か国の国と地域です。残念ながら日本は入らず。日本は未だ未提供です。

ちなみに Wear OS 版「Google Pay」アプリは当初、米国、英国、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、スイス、イタリア、ポーランド、ロシア、スペインの計 11 か国の国と地域で提供されていて、2021 年 8 月に上記 16 か国の国と地域に提供が拡大。そして今回新たに 10 か国の国と地域に提供が拡大され、2021 年 9 月上旬時点で計 37 か国の国と地域にて、Wear OS 版「Google Pay」アプリが利用できるようになっています。

ちなみに Wear OS 版「Google Pay」アプリは最近、Wear OS ウォッチのディスプレイに表示されるクレジットカードがこれまでよりも拡大し、カードのスワイプ切り替え操作もしやすくなるなど、デザインの刷新も行われています。

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

Jetstream BLOG をフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。