Article headline Speakable markup example
Mobile Suica

「モバイルSuica」Google Payボタンが削除

  • 「モバイル Suica」アプリの「Google Pay」ボタンが削除
  • 「モバイル Suica」アプリの[入金(チャージ)]は「本人認証サービス(3D セキュア)」対応クレジットカードのみに
  • 「Google Pay」でチャージする場合は「Google Pay」アプリから行うことが依然可能

JR 東日本は 2021 年 9 月 28 日、交通系電子マネーサービス「Suica」の Android 版「モバイル Suica」アプリにて、これまで実装されていた「Google Pay」ボタンを削除しました。

Android 版「モバイル Suica」アプリの「Google Pay」ボタンはこれまで、「モバイル Suica」の[入金(チャージ)]時に選択することが可能でした。しかし「Google Pay」ボタンが削除されたことで、「モバイル Suica」の[入金(チャージ)]は「モバイル Suica」に登録しているクレジットカードからの決済のみへと変更されました。

Android 版「モバイル Suica」アプリ「Google Pay」ボタンが削除

今回 Android 版「モバイル Suica」アプリから「Google Pay」ボタンが削除された詳しい経緯は JR 東日本未発表のため不明ですが、おそらくは 2021 年 5 月より Android 版「モバイル Suica」アプリにおけるクレジットカード登録に、クレジットカード発行会社及び国際ブランドが推奨する「本人認証サービス(3D セキュア)」を利用した本人認証が必須になったことが理由として上げられると予想されます。

Android 版「モバイル Suica」アプリにクレジットカードを登録して[入金(チャージ)]する場合に「本人認証サービス(3D セキュア)」が必須となったものの、「Google Pay」ボタンからの[入金(チャージ)]は「本人認証サービス(3D セキュア)」不要となっていたので、「Google Pay」ボタンを削除してセキュリティ面で安全な「本人認証サービス(3D セキュア)」対応クレジットカードによる[入金(チャージ)]のみに制限したのでしょう。

ユーザーからしてみれば利便性の低下とはなりますが、やはりお金がが絡むことなので、セキュリティ面で安全なことに越したことはありません。

とはいえ、「Google Pay」で「モバイル Suica」に[入金(チャージ)]できなくなったわけではありません。「Google Pay」で「モバイル Suica」に[入金(チャージ)]する場合は、「Google Pay」アプリから行うことが依然可能です。

アプリリンク

Android

Source:JR 東日本

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

「「モバイルSuica」Google Payボタンが削除」への2件のフィードバック

  1. 元々Suicaは普通に使う面では問題無いが、移行等による変更や再発行等で永遠に変更できない等の無限ループに陥る事があった。今はSuicaアプリ等使ってないのでわからんが。とにかくGooglePayや楽天Pay等でSuica機能使った方が便利。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。