Article headline Speakable markup example
NTT Docomo

dポイント連携など!「ドコモのエコノミーMVNO」発表

  • NTT ドコモ、“あなたと世界を変えていく。”「ドコモのエコノミー MVNO」発表
  • NTT ドコモ系 MVNO にて「d アカウント」や「d ポイント」を連携 & 全国のドコモショップで取り扱い
  • まずは「NTT コミュニケーションズ(OCN モバイル ONE)」と「フリービット(トーンモバイル for docomo)」が参画

NTT ドコモは 2021 年 10 月 7 日、“あなたと世界を変えていく。” をスローガンとした NTT ドコモ系 MVNO 連携サービス「ドコモのエコノミー MVNO」を発表しました。

まずは「NTT コミュニケーションズ(OCN モバイル ONE)」と「フリービット(トーンモバイル for docomo)」が NTT ドコモの「ドコモのエコノミー MVNO」に参画し、2021 年 10 月下旬より「ドコモのエコノミー MVNO」対応プランを提供開始する予定です。

「ドコモのエコノミー MVNO」

「ドコモのエコノミー MVNO」

「ドコモのエコノミー MVNO」は、NTT ドコモの大容量プラン「5G ギガホ プレミア」、月間データ容量 20GB のオンライン契約専用中容量プラン「ahamo」に次ぐ、月間データ容量 3GB 程度の小容量に位置する低価格プランを提供する MVNO の参画を想定した新たなサービスです。

「ドコモのエコノミー MVNO」その定義は小容量のほか、NTT ドコモの共通 ID サービス「d アカウント」と共通ポイントサービス「d ポイント」との連携を行うことができるという点。さらに「ドコモのエコノミー MVNO」参画 MVNO プランについては、全国のドコモショップでの取り扱いも行われます。

「ドコモのエコノミー MVNO」定義
  • 低価格で小容量(~ 3GB)の料金プラン提供
  • マイページへのアクセスなどに「d アカウント」をメイン使用
  • 通信料やサービス利用に対し「d ポイント」を付与する「d ポイントクラブ」加盟
  • 通信料金に「d ポイント」を充当可能

「ドコモのエコノミー MVNO」注意しなければいけないのは、あくまでも MVNO となる点です。そのため、NTT ドコモの「5G ギガホ プレミア」や「ahamo」から「ドコモのエコノミー MVNO」に乗り換える場合、通常の MNP 転出転入扱いとなります。

また通信速度に関しても、「ドコモのエコノミー MVNO」参画 MVNO によって異なる仕様で、本家 NTT ドコモの速度よりも遅くなる可能性があります。

NTT ドコモ、ライトユーザーの獲得に本腰ですね。とはいえ、大手 MNO の NTT ドコモ(ドコモショップ)で「ドコモのエコノミー MVNO」を契約できるようになるというのは、ライトユーザーにとってもありがたいはず。

Source:NTT ドコモ

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。