Article headline Speakable markup example
AR on Google

「Google検索」スウェーデン絶滅危惧種AR追加

  • 「Google 検索」の「AR on Google」のスウェーデンの絶滅危惧種 5 種が追加
  • [オオアカゲラ][ネズミイルカ][ホッキョクギツネ][リンクス(オオヤマネコ)][マルハナバチ]
  • Android の場合は Android 7.0 以降、iOS の場合は「Google」「Chrome」「Safari」アプリで利用可能

Google は 2021 年 10 月 12 日、[動物 AR][恐竜 AR][昆虫 AR][オーストラリア動物 AR][ゴジラ vs コング AR][アスリート 3D]などで展開している新しい拡張現実世界(AR)コンテンツ「AR on Google」に、スウェーデンの絶滅危惧種 5 種を追加して提供開始しました。

「AR on Google」は、「Google」アプリや「Chrome」「Safari」アプリにて、対象のキーワードを検索して、さらに[3D 表示]や[周囲のスペースに表示する]をタッチすることで、画面上にリアルな動く動物を出現させることができる面白コンテンツです。

ただし今回新たに追加されたのは、スウェーデンの絶滅危惧種。絶滅危惧種への意識を高めるために、スウェーデン自然保護協会協力のもとで追加されています。

その対象となるのは、[オオアカゲラ][ネズミイルカ][ホッキョクギツネ][リンクス(オオヤマネコ)][マルハナバチ]の、4 種の動物と 1 種の昆虫、合わせて 5 種です。

スウェーデン絶滅危惧種 5 種

「AR on Google」は単に対象物を 3D 表示する[3D 表示]と、スマートフォンのカメラで撮影している現実世界に対象物を登場させることができる[AR コンテンツ(周囲のスペースに表示する)]の 2 通りがあります。それぞれ Android と iOS の利用できますが、条件が異なるのでご注意ください。

Android
  • [3D 表示]:Android 7.0 以降の「Google」アプリ
  • [AR コンテンツ]:「Google Play 開発者サービス(AR)」対応機種の「Google」アプリ
iOS
  • [3D 表示]:iOS 11 以降の「Google」「Chrome」「Safari」アプリ
  • [AR コンテンツ]:iOS 11 以降の「Google」「Chrome」「Safari」アプリ

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。