Article headline Speakable markup example
Hold for Me

Feature Drops!Pixel「Hold for Me(代理待機)」ついに国内解禁

  • 当初米国にて「Pixel 5」「Pixel 4a(5G)」に初期搭載され、その後対応機種が拡大された[Hold for Me(保留)]改め[代理待機]がついに日本国内解禁
  • [代理待機]はカスタまーサポートなどに電話をした際に、担当者が電話に出るまで「Google アシスタント」が代理で待機してくれる便利機能
  • 相手が電話に出たら通話を録音しつつ「Google アシスタント」が通知でお知らせ

Google は 2021 年 10 月 19 日、次世代 Google Pixel スマートフォン「Pixel 6」「Pixel 6 Pro」の正式発表に合わせて、当初米国にて「Pixel 5」「Pixel 4a(5G)」に初期搭載され、その後「Pixel 3」以降の Google Pixel スマートフォンにも提供が拡大された、「Google の電話アプリ」アプリの[Hold for Me(保留)]改め[代理待機]機能を、2021 年 12 月 10 日前後よりついに日本国内でも解禁しました。

[代理待機]は 2020 年 Google Pixel スマートフォン「Pixel 5」「Pixel 4a(5G)」に初期搭載され、その後 Google Pixel スマートフォンに提供される新機能「Feature Drops」の昨年 2020 年 12 月版にて、「Pixel 3」以降の Google Pixel スマートフォンにも提供拡大。そして 2021 年 10 月には、数か月以内のオーストラリア、カナダ、日本解禁予定も発表されていました。

そしてその[代理待機]が、今回ついに日本国内解禁されたわけです。

「Google の電話アプリ」アプリの[代理待機]は、「Pixel 3」以降の Google Pixel スマートフォンで利用可能です。実際に利用するには、「Google の電話アプリ」アプリ設定から、[代理待機]のスイッチを ON にしておく必要があります。

[代理待機]設定

[代理待機(Hold for Me)]

[代理待機(Hold for Me)]

「Google の電話アプリ」アプリの[代理待機(Hold for Me)]機能は、お店やカスタマーサービスに電話をした際に、相手が電話に出るまで、「Google アシスタント」が代理で待機してくれる便利機能です。

カスタマーサービスなどは担当者とつながるまでに時間が掛かる場合が多く、通常は相手が電話に出るまで待機しておかなければいけません。つまり無駄に時間を消費してしまい、仕事などでは大きなタイムロスとなります。

しかし[代理待機]を用いることで、電話を掛けた後に相手が電話に出るまで「Google アシスタント」が代理で待機してくれて、相手が電話に出ると「Google アシスタント」が通知でお知らせしてくれます。また通知されてユーザーが気づいて電話に出るまでの間、相手にお知らせした上で相手側の通話の録音も自動で開始してくれます。

電話アプリの Hold for Me を使用すると、通話相手のお店やサービス側の音声を録音して文字に変換できます。サポート担当者が電話に出ると、音声が録音されていることを担当者に知らせるメッセージが再生され、その後電話がつながります。サポート担当者が電話に出たことは、バイブレーション、通知音、画面へのメッセージでお知らせします。通話に戻ると録音は停止します。

アプリリンク

Android
[appbox googleplay com.google.android.dialer]

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

Jetstream BLOG をフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。