Article headline Speakable markup example
SwitchBot Lock

「SwitchBotロック」設置してみた

こんにちは、「Jetstream BLOG」管理人兼ライターの 石井順 です。

2022 年 1 月 17 日頃についに発売された、スマートスイッチ「SwitchBot ボット」やカーテンスマート化 IoT「SwitchBot カーテン」などを提供するメーカー SwitchBot 初のスマートロック「SwitchBot ロック」。

私も早速「SwitchBot ロック」を入手してので、自宅のドアに設置してみました。今回はそのレビューです。

「SwitchBot ロック」

「SwitchBot ロック」

「SwitchBot ロック」は、「Qrio Lock」のような “つまみ” 部分への装着タイプとなるスマートロックです。

「SwitchBot」アプリからの遠隔操作はもちろん、スマートリモコン機能搭載ハブ「SwitchBot Hub Plus / Mini」を用いることで、「Google アシスタント」や「Amazon Alexa」などのスマートホームコントロールによる遠隔操作にも対応。さらに NFC タグ「SwitchBot タグ」を用いた操作にも対応します。

「SwitchBot ロック」仕様

そして驚きなのが、この多機能にもかかわらず本体価格がたったの税込み 9,980 円という低価格な点。これが SwitchBot 製品最大の特徴です。

設置 & 初期設定

「SwitchBot ロック」の設置はとても簡単で、サムターン式ドアロックのサムターン部分に合わせて、両面テープを用いた「SwitchBot ロック」装着を行うのみ。

サムターン用アダプタも 3 サイズが用意されているので、大きさに合わせて装着することができます。おそらく日本国内のサムターン式ドアロックほぼすべてに対応。かなり簡単です。

「SwitchBot ロック」の設置が完了したら、次に「SwitchBot」アプリから初期設定を行います。

「SwitchBot ロック」初期設定

「SwitchBot ロック」の初期設定も、「SwitchBot」アプリからペアリングを行いつつ、「SwitchBot Hub Plus / Mini」との接続、さらにはサムターン式ドアロックの施錠と解除設定を行うだけと簡単。設置から初期設定まで、5 ~ 10 分程度で完了します。

「SwitchBot ロック」にはもちろん鍵解除後に自動で施錠する[自動施錠]設定も用意されているので、こちらも設定しておくことがオススメです。

[自動施錠]設定

「SwitchBot ロック」パッケージには NFC タグ「SwitchBot タグ」も同梱されているので、初期設定と同じタイミングで設定しておくと良いでしょう。特に「SwitchBot タグ」を用いたドアロック解除は便利。

「SwitchBot タグ」設定

感想

[SwitchBot ロック]

私はこれまで「August Smart Lock」や「Qrio Lock」など、様々なスマートロックを利用してきました。

「SwitchBot ロック」の基本的な部分はそれらと同じなので、違和感なくほかのスマートロックから移行できすると感じました。

また「SwitchBot ロック」の場合、通常アプリ操作や「Google アシスタント」などのスマートホームコントロール操作だけでなく、NFC タグ「SwitchBot タグ」での操作ができる点がかなりの利点。

「SwitchBot タグ」

さらに、自宅のスマートホームデバイスをスマートリモコン機能搭載ハブ「SwitchBot Hub Plus / Mini」を用いて SwitchBot 製品でまとめている場合、「SwitchBot ロック」もそのまま「SwitchBot Hub Plus / Mini」にまとめることができるので、既存の SwitchBot ユーザーはかなり手軽にインターネット操作を用いたスマートロック環境を構築することができます。

「SwitchBot Hub Plus」

基本的に他社製品も含めて、スマートロックをインターネット経由で遠隔操作を行う場合、スマートロック本体とは別にハブを用意する必要があり、「SwitchBot ロック」も同様ではあるのですが、すでに SwitchBot 製品を導入済で「SwitchBot Hub Plus / Mini」も設置しているのであれば、「SwitchBot ロック」用に別途ハブを用意する必要がありません。この点はかなり助かるかと思います。

要は、安価、手軽、そして便利。それが「SwitchBot ロック」です。

[SwitchBot ロック]ウィジェット

ただ今のところ、「SwitchBot」アプリの Android ウィジェットは精度が低め。度々エラーが発生する点はマイナス点です。

この辺は今後のアプリアップデートで改善して欲しいところですね。

Amazon 商品ページリンク

「SwitchBot ロック」は国内 Amazon.co.jpから購入可能です。本体価格税込み 9,980 円ですが、5% 引きなど、度々特価販売も行われています。

「SwitchBot ロック」
SwitchBot スマートロック アレクサ スマートキー スマートホーム – スイッチボット 玄関 オートロック 鍵 スマホで操作 Alexa Google Home Siri LINE Clovaに対応 遠隔対応 工事不要 取付カンタン 防犯対策

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

Jetstream BLOG をフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。