Article headline Speakable markup example
Google Assistant Wear OS

Wear OS「Google アシスタント」スタンドアロンアプリ提供へ

  • Wear OS 版「Google アシスタント」アプリがスタンドアロンアプリ提供へ
  • 現在は Wear OS に統合されている仕様
  • 「Google アシスタント」を利用できない「Galaxy Watch4」でも「Google アシスタント」を利用可能に

Samsung は 2022 年 2 月 8 日、現状は「Google アシスタント」を利用できない「Galaxy Watch4」でも、今後数か月以内に「Google アシスタント」を利用可能にすると発表しました。

「Galaxy Watch4」は現状、日本語未対応の Samsung 独自アシスタント「Bixby」を実装していて、「Google アシスタント」を利用することはできません。しかし今後、スタンドアロン仕様の Wear OS 版「Google アシスタント」アプリが Google Play ストアで配信開始され、「Galaxy Watch4」でも「Google アシスタント」を利用できるようになります。

またおそらく、「Galaxy Watch4」以外の Wear OS ウォッチにも Wear OS 版「Google アシスタント」アプリをインストールできるようになると予想されます。

Wear OS 版「Google アシスタント」は本来、Wear OS に内包されている仕様。つまり次期 Wear OS バージョン「Wear OS 3」を搭載する「Galaxy Watch4」は現状、真の Wear OS(Wear OS 3)ではないということです。

ちなみに、すでに「Google アシスタント」が内包されている「Galaxy Watch4」以外の Wear OS ウォッチに対して Wear OS 版「Google アシスタント」アプリがリリースされたところで意味がないと思われがちですが、スタンドアロンアプリ化することでより高速なアプリ起動が期待されます。続報に期待しましょう。

Source:Samsung

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

Jetstream BLOG をフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。