Article headline Speakable markup example
New Android Features

New Android Features!今後提供Android新機能発表

 
  • Google、Android に今後提供する新機能「New Android Features」発表
  • ペットなども対象の「Google フォト」背景ぼかしツールや「ニアバイシェア」の複数相手送信など
  • 順次提供予定

Google は 2022 年 3 月 10 日、Android に今後提供する新機能「New Android Features」を発表しました。

Android に新たに提供される新機能は、Android 用「メッセージ」アプリの複数新機能、「Gboard」アプリの新しい文法修正機能、「音声文字変換 & 音検知通知」アプリのオフラインモード、ペットなども対象の「Google フォト」背景ぼかしツール、「Google TV」の[ハイライト]、「Google アシスタント」による「Google Pay」での駐車料金支払い、新しい「スクリーンタイム」ウィジェット、「ニアバイシェア」の複数相手送信の、計 8 つです。

これらの新機能は、対象となるアプリのアップデートと共に順次提供される予定です。ただし一部機能は、まずは英語環境先行提供となります。ご注意ください。

Android 用「メッセージ」アプリの複数新機能

業界標準のコミュニケーションサービス規格 RCS(リッチコミュニケーションサービス)を使用する Android 用「メッセージ」アプリと、SMS(ショートメッセージサービス)という古い規格を使用する iPhone 用「メッセージ」アプリでは、高画質画像や動画送信など、一部機能が互換的に動作しません。

しかし今後 Android 用「メッセージ」アプリのアップデートにより、iPhone 用「メッセージ」アプリとの互換性が向上します。例えば iPhone 用「メッセージ」アプリに実装されている、メッセージに対する反応(愛、笑い、混乱、興奮)が、Android 用「メッセージ」アプリにも表示されるようになります。

この機能は、まずは英語環境に対して先行提供されますが、今後はサポート言語が拡大される予定です。

また今後、Android 用「メッセージ」アプリから「Google フォト」に保存されている高画質画像や動画も送信することができるようになります。これにより、非 RCS の iPhone 用「メッセージ」アプリでも、高画質画像や動画を回覧することができるようになります。

このほか Android 用「メッセージ」アプリに、プライベートなやり取りがまとめられる[個人]タブと仕事用メッセージがまとめられる[ビジネス]タブの新設や、インドで先行提供されていた 24 時間でメッセージが自動的に削除される「ワンタイムパスワードメッセージ」の提供拡大、見逃したメッセージやフォローアップが必要なメッセージの通知機能、「連絡帳」アプリに登録した連絡先ユーザーの誕生日と連動した誕生日リマインダーも追加されます。

絵文字と絵文字を合成して新しい絵文字を作成できる「絵文字キッチン」のバリエーションが、一気に 2,000 以上と大幅拡大されます。これは、文字入力アプリとして「Gboard」を利用している場合に限ります。

「Gboard」アプリの新しい文法修正機能

「Gboard」アプリの新しい文法修正機能

「Gboard」アプリに、単なるスペルチェックではなく文法エラーを検出してより良い文法を提案してくれる新しい文法修正機能が実装されます。

また Google Pixel スマートフォンでは、対応するメッセージアプリにて、入力した言語が自動でカラフルなステッカーに変換され、オシャレなステッカーとして送信できる新機能(Feature Drops)も提供されます。ただしこの新機能は、まずは英語環境のみの提供となります。

「音声文字変換 & 音検知通知」アプリのオフラインモード

「音声文字変換 & 音検知通知」アプリのオフラインモード

聴覚障害者または難聴者向けの、Google 最新自動音声認識および音検知テクノロジー活用リアルタイム会話音声文字変換アプリ「音声文字変換 & 音検知通知」が、Wi-Fi やモバイルデータ通信を利用できない場所でも利用できる、オフラインモードが提供されます。

また「音声文字変換 & 音検知通知」アプリはこれまで、Google Pixel スマートフォンと Samsung 製デバイスにプリインストールされていましたが、新たに Android 5.0(Lollipop)以降を実装する Android デバイスにもインストールできるようになりました。

ペットなども対象の「Google フォト」背景ぼかしツール

ペットなども対象の「Google フォト」背景ぼかしツール

「Google フォト」アプリには、保存されている(ポートレートモード撮影ではない)古い写真であっても被写体(人)と背景を AI が自動認識し、背景ぼかし加工を行うことができる[ポートレート]ツールを利用することができます。

この「Google フォト」アプリの[ポートレート]ツールは、Google Pixel スマートフォンか、もしくは Google の有料ストレージサービス「Google One」を契約しているユーザーにて利用可能です。

そして「Google フォト」アプリの[ポートレート]ツールは今後、人だけでなく、ペット、食べ物、植物など、より多くの被写体写真にも利用できるようになります。またこちらも AI が被写体と背景を自動認識するため、[ポートレートモード]撮影の有無に関係なく利用可能です。

「Google TV」の[ハイライト]

「Google TV」の[ハイライト]

Google のテレビプラットフォーム「Google TV」にて、ユーザーが興味のある映画や動画コンテンツに基づいて、エンターテインメントニュース、レビューなど、ユーザー向けにパーソナライズされたフィード[ハイライト]が提供されます。

またもし興味のある新しいコンテンツを見つけた場合は、ワンタッチでその記事の基になっている映画、テレビシリーズ、またはビデオに直接アクセスして再生したり、評価やウォッチリストへの追加を行うことができるようになります。

「Google アシスタント」による「Google Pay」での駐車料金支払い

「Google アシスタント」による「Google Pay」での駐車料金支払い

有料駐車場に車を駐車した場合、「Google アシスタント」を通して「Google Pay」で駐車料金を支払ったり、駐車状況確認や駐車の延長を行うことができる新機能が利用できるようになります。

駐車料金を支払う場合は、“OK Google、駐車料金を支払って” と「Google アシスタント」に指示し、画面の指示に従いながら駐車料金を支払います。駐車状況確認は “OK Google、駐車状況”、駐車を延長する場合は “OK Google、駐車を延長して” と伝えます。

この機能は、米国の 400 以上の都市に展開されている有料駐車場 ParkMobile にて利用できるようになります。

新しい「スクリーンタイム」ウィジェット

新しい「スクリーンタイム」ウィジェット

Android に、アプリのデイリータイマー、気が散るアプリを設定した時間帯に一時停止する「フォーカスモード」、就寝時に端末を消灯し画面を白黒にする「就寝時モード」の 3 つの機能を表示する「Digital Wellbeing」アプリの新しいウィジェット「スクリーンタイム」が実装されます。

「ニアバイシェア」の複数相手送信

「ニアバイシェア」の複数相手送信

近くのデバイス間で写真や動画、アプリや URL リンクなどを簡単に共有することができる「ニアバイシェア」が、これまでの 1 対 1 ではなく、複数相手に共有できるようになります。

複数相手の「ニアバイシェア」共有では、ファイル等共有中に共有相手を追加するだけで、継続して「ニアバイシェア」共有を行うことが可能です。また複数相手の「ニアバイシェア」共有は、Android 6.0(Marshmallow)以降の Android デバイスで利用可能です。

https://twitter.com/Android/status/1501955874813849606

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。