Article headline Speakable markup example
Amazon Alexa Wear OS

Wear OS「Fossil Gen 6」Amazon Alexa利用可能に

  • Wear OS ウォッチ「Fossil Gen 6」でなんと「Amazon Alexa」利用可能に
  • 「Fossil Gen 6」に「Amazon Alexa」アプリをインストールしつつ母艦側の「Amazon Alexa」アプリでペアリングして初期設定を済ませる必要あり
  • 常時聞き取りや音声フォードバックは未サポート

2022 年 3 月中旬より、米国アクセサリーメーカー Fossil が 2021 年 9 月 27 日に国内発売した次世代 Wear OS ウォッチとなる第 6 世代「Gen 6」にて、なんと Amazon の音声アシスタント「Amazon Alexa」が利用できるようになりました。

「Gen 6」における「Amazon Alexa」は、「Gen 6」に最新バージョンの「Amazon Alexa」アプリがインストールされている状態で、母艦側スマートフォンの「Amazon Alexa」アプリを開き、[デバイス]タブ →[デバイスを追加]→[スマートウォッチ]と進み、「Amazon Alexa」アプリに「Gen 6」を追加して初期設定を済ませておく必要があります。

「Amazon Alexa」アプリに「Gen 6」追加必須

これで「Gen 6」にて「Amazon Alexa」を利用できるようになります。ただし、「Gen 6」における「Amazon Alexa」は、「Google アシスタント(OK Google)」のような常時聞き取りや、「Gen 6」のスピーカーを介した音声フォードバックは未サポート。

「Gen 6」にて「Amazon Alexa」アプリを起動しつつ音声で指示をすると、「Gen 6」画面上にテキストでフィードバックが返ってくる仕様です。つまり、「Gen 6」の音声アシスタントを「Google アシスタント」から「Amazon Alexa」に切り替えられるわけではなく、あくまでも「Amazon Alexa」は一つのアプリとして動作するのみです。ご注意ください。

ちなみに「Amazon Alexa」用「タイル」も用意されているので、「Gen 6」で素早く「Amazon Alexa」を起動したい方は、「タイル」を設置するかカスタムボタンに「Amazon Alexa」を割り当てましょう。

このほか、おそらく「Gen 6」ベースの「Falster Gen 6」や「Razer X Fossil Gen 6」でも同様に、「Amazon Alexa」を利用できるようになっていると予想されます。

「Amazon Alexa」アプリリンク

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。